おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    伊藤健太郎 伊武雅刀、小林薫も絶賛!名優を虜にする好青年な魅力

     伊藤健太郎 伊武雅刀、小林薫も絶賛!名優を虜にする好青年な魅力

    《なんだか少しホッとしたのと同時に寂しさもあります。冬薔薇のお陰で、素敵な出会いも沢山ありました。ありがとうも沢山ありました。本当にありがとございました!僕の宝物をみなさんにも、どうぞ。笠松伴助さんが撮ってくれました》

     6月14日に、自身の公式インスタグラムでこう綴ったのは伊藤健太郎(24)。そしてあわせて投稿した写真には、伊藤とともに伊武雅刀(73)、小林薫(70)、石橋蓮司(80)の姿が――。

     ’20年10月、車を運転中にバイクと事故を起こし、道路交通法違反の疑いで逮捕された伊藤は、翌年3月に不起訴処分となり、’21年10月まで活動を自粛。その後は舞台に出演するなど徐々に芸能活動を再開し、6月4日公開の『冬薔薇』で映画復帰を果たした。

     冒頭のコメントと写真は、そのPR活動を終えて催された慰労会後に投稿されたものだという。

    「『冬薔薇』は、『伊藤さんの復帰作を撮ろう』という映画会社による提案から始まったプロジェクト。その会社の役員が俳優としての伊藤さんを高く評価しており、実現したそうです。

     公開から2週間ほど経ちますが、『冬薔薇』での伊藤さんの演技の評判はよく、評論家からも好評です。彼の人柄についても伊藤さんの父親役を演じた小林薫さんは、『また共演したいと思う好青年』と絶賛していました。また母役を演じた余貴美子さん(66)も、『よく頷いて話を聞いてくれるとってもいい人で、現場ではとてもかわいがられていました』と語っていました」

     スタッフや大御所俳優の心を鷲掴みにする伊藤。かつて本誌も伊藤に魅了された大物に取材をしている。

     それは俳優の林与一(80)。数々の映画で故・美空ひばりさんの相手役を務めた時代劇界の大スターだ。

     ’21年8月、林が伊藤をひそかに応援しているとの情報をキャッチした本誌は本人に話を聞くと、こうに語っていた。

    「彼にはまだ会えていないんだ。だからマネージャーには、とにかく時代劇の立ち回りや踊り、三味線を勉強するよう言ったよ。“先生も全部僕が紹介するから暇なうちにやっておけ”と」

    対面してはいないもののアドバイスを送っていると明かした林。さらにこう続けていた。

    「僕は『アシガール』(’17年・NHK)で彼が若殿を演じる姿を見たとき、すごい俳優だなと直感したんだ。写真展では焼き物も飾っていたけど、それだけでも飯が食えると、事務所の社長にも言ったよ。

     石原裕次郎みたいな後世に残る俳優だと思っているし、今でいうと、彼の才能は“芸能界の大谷翔平”かな」

     名優たちを虜にする伊藤。果たして、ふたたび芸能界で“ホームラン”を放つことができるのか。


    伊藤健太郎 伊武雅刀、小林薫も絶賛!名優を虜にする好青年な魅力 (msn.com)

    ディーン・フジオカ

     ディーン・フジオカ 2度の「職務質問」経験明かす、空港で警察官15人に囲まれ「何が目的だ!?」

     俳優、ディーン・フジオカ(41)が17日放送のフジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)に出演し、警察官から「職務質問」を受けた過去を語った。

     趣味である「剣術」を公園で練習していたときのこと。ディーンは警察官から声をかけられたとし「中華武術の剣だったんですけど。エンターテイメントの仕事をしてまして、パフォーマンスの練習ですって言ったんですけど…なかなか浸透していないんですよね」と、怪しまれたことを振り返った。続けて「これが初めてじゃなくて」と、それより前の職質経験を紹介した。

     海外在住だった時期、飛行機に乗る際に「剣を3本くらい飛行機に持ち込んだ」ことがあったという。前もって航空会社に「確認」しており、ディーンも「ハードケースに入っているから大丈夫」と思っていた。しかし「税関の荷物チェック」の場面でハプニング発生。ケースを開いた職員が、ディーンの「刃渡り100センチみたいな剣3本」を発見した瞬間、目を丸くして沈黙した。

     「ちょっと待ってくださいみたいな感じ」となり、別室に連れていかれたディーンは「空港の警察官15人くらいに囲まれて」と回顧。「何が目的だ!?」と問い詰められたことを明かし、苦笑していた。


    ディーン・フジオカ 2度の「職務質問」経験明かす、空港で警察官15人に囲まれ「何が目的だ!?」 (msn.com)

    ダウンタウン・松本人志(左)と浜田雅功

     ダウンタウン FAなら「月給3億円」ウンナン所属事務所がガチ計算

     お笑いコンビ・三四郎が16日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し、ダウンタウンの2人に「月給3億円」というトンデモオファーを提示した。この日は「お笑い事務所一斉調査!」と題して、さまざまな事務所の芸人が出演。三四郎はマセキ芸能社の代表として登場した。

     「もしもダウンタウンさんが移籍してくれたら」という企画で、それぞれの事務所がダウンタウンに対してガチで移籍条件を提示した。ここでマセキが提案したのは「コンビで月3億円の給料をお支払いします」という超破格オファー。浜田雅功は見た瞬間に思わず高笑いし「何を言うてんねん」。松本人志も「ウソやん」とあきれた。

     三四郎の相田周二は「計算しました。上の首脳陣と」とまじめにコメント。小宮浩信も「マネジャーと計算して」と補足。相田は「ボケとかじゃないです」とリアルな数字であることを強調した。「まじめに考えて、今のダウンタウンさんで考えると、レギュラー1本約1000万円はもらってるだろうと」と具体的な数字も例に出した。小宮は「ウッチャンナンチャンさんとかもいるので」とダウンタウンに匹敵するビッグネームが指標となっていると説明した。

     1人1億5000万円という計算に、松本は「あぁー、なるほどね」と冷静に。これに相田が「『あぁー』って何ですか。『じゃあ(1億5000万円だと)少ない』みたいな」とツッコむと、松本は「いやいやいやいや、あ…ちょっと(テンションが)上がるね」。思わず好反応を示してしまい、即座に「ボケや」とFAには否定的な態度。最後はフットボールアワー・後藤輝基が「あると思うで」とツッコみ笑わせた。


    ダウンタウン FAなら「月給3億円」ウンナン所属事務所がガチ計算 (msn.com)

    このページのトップヘ