加藤茶

 加藤茶 46年前に営業を遅刻した理由問い詰められ「これカミさんに見られたらヤバい」

 「ザ・ドリフターズ」の加藤茶(79)が17日放送のフジテレビ「さんまのまんま初夏SP」(後8・00)に出演し、46年前の営業で遅刻した理由を明かした。

 ゲストに加藤、仲本工事、高木ブーを迎え、さんまと約30年ぶりの共演となった。加藤は46年前に営業で新幹線に乗り遅れてしまい、1時間半遅刻した穴埋めをしてくれたさんまに改めて感謝を伝えた。その遅刻理由について、さんまは「雪で新幹線で止まっている」と伝えられていたという。

 だが、加藤は「あれ雪じゃなくて、僕が新幹線に乗り遅れて」と真相を明かした。まさかの事実にさんまは「はっ?」とあんぐり。さらに「4人は行ってた」といかりや長介、荒井注、仲本、高木の4人は劇場に着いていたと知らされると「そしたら(場を)つなぎなはれや、4人で。むちゃくちゃやな」と笑った。仲本は「でも、加藤がいないと、やっぱり収まらないからさ」とお客さんの前に姿を出さなかった理由を明かした。

 加藤が乗り遅れた理由に、さんまは「きっとそれは」と左手の小指を立てて「前日、女でしょ」と聞いた。加藤は「いやいやいやいや」と大慌て。否定する加藤にさんまは「いや、ホンマ正直に今言うてください。あの時代やったら絶対女でしょ」と問い詰めた。それでも加藤は小指を立てて「こっちの方で遅れることはない」と否定し「前の日に仕事終わって飲みに行ってて。朝まで飲んでて寝ちゃった」と明かした。

 さらに「新横浜に行ったんですよ。でも僕が乗る新幹線が(目の前で)行っちゃった。しょうがないから遅れて乗ろうと思ったら、1時間半空いてた」と続けた。この理由にさんまは「それはないでしょ。それ加藤さんウソですよ。だって今10分置きにあるんですから」と信じなかった。加藤は「今でしょ?昔は1時間半くらい」と46年前の時刻表は現在と違うとした。

 加藤の遅刻理由を信じられないさんまは「加藤さん、やっぱり女でしょ」と問い詰めると「いや、本当に女じゃない。これカミさんに見られたらヤバい」と必死に否定した。だが、さんまが「ヤバいって40年も前の話ですから、もう時効でしょ」と伝えると、加藤は「わかりました。じゃあ、そうでした」と認めて笑いを誘った。


加藤茶 46年前に営業を遅刻した理由問い詰められ「これカミさんに見られたらヤバい」 (msn.com)