ディーン・フジオカ

 ディーン・フジオカ 2度の「職務質問」経験明かす、空港で警察官15人に囲まれ「何が目的だ!?」

 俳優、ディーン・フジオカ(41)が17日放送のフジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)に出演し、警察官から「職務質問」を受けた過去を語った。

 趣味である「剣術」を公園で練習していたときのこと。ディーンは警察官から声をかけられたとし「中華武術の剣だったんですけど。エンターテイメントの仕事をしてまして、パフォーマンスの練習ですって言ったんですけど…なかなか浸透していないんですよね」と、怪しまれたことを振り返った。続けて「これが初めてじゃなくて」と、それより前の職質経験を紹介した。

 海外在住だった時期、飛行機に乗る際に「剣を3本くらい飛行機に持ち込んだ」ことがあったという。前もって航空会社に「確認」しており、ディーンも「ハードケースに入っているから大丈夫」と思っていた。しかし「税関の荷物チェック」の場面でハプニング発生。ケースを開いた職員が、ディーンの「刃渡り100センチみたいな剣3本」を発見した瞬間、目を丸くして沈黙した。

 「ちょっと待ってくださいみたいな感じ」となり、別室に連れていかれたディーンは「空港の警察官15人くらいに囲まれて」と回顧。「何が目的だ!?」と問い詰められたことを明かし、苦笑していた。


ディーン・フジオカ 2度の「職務質問」経験明かす、空港で警察官15人に囲まれ「何が目的だ!?」 (msn.com)