おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    2021年01月


    前田 敦子(まえだ あつこ、1991年〈平成3年〉7月10日 - )は、日本の女優、歌手。愛称はあっちゃん。既婚で1子の母。 千葉県市川市出身。2020年12月31日まで太田プロダクションに在籍し、2021年1月1日より、フリーで活動中。 女性アイドルグループ・AKB48の元メンバー。夫は俳優の勝地涼。



    (出典 news.mynavi.jp)


    ついに離婚か!? 前田敦子の「気の強さ」が裏目に? 支え合う努力も空しく、夫・勝地涼が耐えられなかったことは…?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/31(日) 14:13:31.96 ID:CAP_USER9.net

     30日、元AKB48で女優の前田敦子(29)と夫の俳優・勝地涼(34)が離婚協議に入ったと報じられた。2人は2018年7月に交際4カ月で「スピード婚」。19年3月には長男も誕生していたが、結婚生活2年半で「スピード離婚」となった。

     昨年から一部週刊誌で別居報道が出ていたが、育児をしながら女優を続ける前田をサポートする体制を整えるためだろう、との見方もあった。それが一転、「気の強い2人に関係修復は不可能だった」(芸能関係者)として離婚に至った。

     スポーツ紙デスクも「離婚は時間の問題だった」と話す。

     「2人の不仲は業界でも有名だったので、芸能報道が少なくなる年末にも離婚が発表されるのではと言われていました。昨秋、勝地は番宣も兼ねてバラエティー番組などをハシゴして出演したが、そこでも妻の前田の話にはほとんど触れなかった。プライベートでも親交のある笑福亭鶴瓶がMCを務めるトーク番組に出たときでさえ、前田の話になるとあからさまに表情が変わり、口数が少なくなっていました」

     ずっと不仲説が流れていた2人ではあるが、何とか結婚生活を維持しようと努力をしていた形跡もうかがえる。

     「乳幼児の育児ストレスから感情の起伏の激しくなる前田さんに対して、勝地さんが穏やかに対応したり、前田さんの両親が住むマンションの別の部屋に引っ越して実母のサポートが受けられるようにしたり、2人は努力もしていました。勝地さんは外で飲むのが大好きでしたが、一時はそれも控えて完全に家庭優先の生活を貫いていました。小栗旬さんら俳優仲間も『勝地はよくやっている』とほめていたほどです」(芸能マネージャー)

     だが、夫婦で支え合おうという努力もむなくしく、だんだんと2人の間には溝が広がっていく。育児でストレスを抱えた前田は実母を頼る頻度が増えていき、徐々に勝地は孤立していく。そして、勝地は自宅を離れ、仕事場として借りた別のマンションで暮らすようになる。実母に“依存”気味だった前田もマンションを引っ越すなどして生活の立て直しを図ったが、そのタイミングで昨年6月に「別居報道」が出てしまう。この時点では離婚の意志が固まっていたわけではないようだが、関係修復は絶望的な状況だったという。前出の芸能マネージャーが明*。

     「前田さんはプライドが高いところがあるので、離婚は『みっともない』という感覚が強く、子どものことも考えると何とか避けようと思っていた節があります。しかし、勝地さんは前田さんの女優業をサポートして子育てにも献身したつもりだったのに認められないことに鬱憤がたまっていたようで、歩み寄る気配はありませんでした。そうなると、2人とも気が強いので引けなくなる。昨年秋ごろからは一気に離婚の方向に傾いていったようです」

     業界では2人の気の強さは有名で、そこが離婚に至ってしまった“原因”だっと見る向きは多い。勝地は母親が東京・目黒区にある芸能人御用達の高級生花店を営んでおり、父親も不動産業を成功させている「資産家」の息子だ。

     「いわゆるお坊ちゃまで、幼少期から大切に育てられてきたようです。性格は“父親似”とのことで、我が強く一本気で頑固。ケンカっぱやいところもあり、親友の小栗旬とも殴り合い寸前のケンカになったことがあったようです」(芸能関係者)

     一方の前田もAKB48でセンターを張っていただけあり、負けん気の強さは折り紙つきだ。アイドル誌のライターはこう語る。

     「AKB時代は自ら『ジャイアンみたいな性格』と語っていて、女王様気質でした。後輩の指原莉乃は、いまだに前田を前にすると緊張するそうです。人の好き嫌いが激しいところもあり、AKB時代は、一部のスタッフ以外とはほとんど会話をしない時期もありました。コンサートでも度々過呼吸になるなど、感情が高ぶりやすくヒステリックな面があるのですが、それがアイドルとしての魅力にもなっていた。総合プロデューサーの秋元康氏はそうした前田の性格を理解して、あえて野放しにしていたところもあります」

     結婚前には、泥酔した前田がイケメン俳優の前で号泣、歩けない前田が「お姫様だっこ」で抱えられる姿が週刊誌に撮られたこともある。

    「このときも俳優にかまってほしくて駄々をこねたり、泣き叫んだりしていたので、俳優がたまらず介抱したところを写真に撮られたといいます。また、若手歌舞伎俳優と交際中にも、地方公演の度に浮気を疑い、夜中に度々電話をかけるなどしていたようです」(前出の芸能関係者)

     ここまでクセが強い2人が結婚という「枠」に収まるのは、難しかったのかもしれな

    1/31(日) 11:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210131-00000003-sasahi-ent


    【【芸能】前田敦子 夫の勝地涼と離婚協議中? 双方共に元来の気性強さが要因か?】の続きを読む


    花江 夏樹(はなえ なつき、1991年6月26日 - )は、日本の男性声優。神奈川県出身。アクロス エンタテインメント所属。 高校は進学校に通っていたものの勉強嫌いであったため、大学には進学せず就職しようと考えていた。中でも趣味の歌を仕事にできないかと考えていたところ、当時再放送されていた『桜蘭高校ホスト部を見たことをきっかけに声優を志す。



    (出典 hominis.media)


    花江夏樹に宮野真守「ドラマに声優起用」が増えた背景と、俳優が声優をやると叩かれ、声優が俳優をやると好意的な理由は?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/31(日) 07:52:04.93 ID:CAP_USER9.net

    1/30(土) 19:01
    週刊女性PRIME

     花江夏樹に宮野真守「ドラマに声優起用」が増えた背景と、“叩かれない”理由
    『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』主演の上白石萌音と、声優の花江夏樹(※花江夏樹のツイッターより)
     今まで「声優に俳優を起用」はよくあったが、最近は「ドラマに声優起用」が増えてきている。また、俳優が声優をやると“叩かれる”ことが多い中で、声優のドラマ進出には歓迎ムード。それはいったい、なぜなのか。コラムニスト・テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

     昨年最大のヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)に声優の宮野真守が俳優として出演してから約5か月。現在放送中のドラマまで、その傾向が続いている。

     『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)には、アニメ『鬼滅の刃』で主人公の竃門炭治郎を演じた花江夏樹が俳優として出演。本格的なドラマ出演は初めてであり、注目を集めた。さらに、同じ『鬼滅の刃』で我妻善逸を演じた下野紘も、『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)で連ドラ初出演。通信指令センターの声を中心に、いくつかの声で出演することが発表されている。

     昨年は梶裕貴、櫻井孝宏、内田真礼らのドラマ出演も話題を集めていたが、なぜ声優のドラマ出演が目立つようになっているのか。また、なぜ俳優が声優をやると叩かれがちなのに、声優が俳優をやると好意的に受け入れられるのか。
    ネット中心の生活を送る人々へのPR

     まず、なぜ声優の俳優起用が目立つようになっているのか。

     各局のドラマ制作がビジネスである以上、「数字」という点が優先されるのは当然であり、その意味で声優の存在は魅力的だ。声優の中には俳優以上に熱心なファンを持つ人が多く、しかも、その年齢層は若い。スポンサーが求める年齢層にも合致し、リアルタイムで見るほか、放送前後のネット発信も活発で、それぞれが宣伝マンのようにPRしてくれる。

     たとえば、出演が決まるとツイッターに発信し、予告映像がアップされたら発信、放送当日の視聴を呼びかける発信、放送中の一緒に盛り上がる発信、放送後に感想を発信。さらにこれらの発信はシェアされてライトなファン層にも広がるなど、ネット中心の生活を送る人々にアプローチできる。

     ドラマの番宣はいまだに自局内の情報番組やバラエティーなど、テレビの中で行うものが中心であるため、視聴者層はどうしてもテレビ中心の生活を送る人に偏りやすい。その点、ネットユーザーたちとの親和性が高い声優たちが、新たなお客さんを呼び込んでくれることを期待しているのだ。

     また、テレビ業界で声に対する評価が高まっていることも見逃せない。ネットの普及でスマホやパソコンを見ながらテレビを見る人が増え、視覚ではなく聴覚で訴えかけられる声の重要性が増しているのだ。たとえば『半沢直樹』『下町ロケット』などTBSのドラマには、声優だけでなく、声のいい歌舞伎俳優、落語家、キャスターなどの起用も多く、印象的なセリフを任せることでツイートを誘うなどの狙いが見られる。

     余談だが、今春にスタートする情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)のメインキャスターに谷原章介の就任が発表された。さらに、同じく今春にスタートするTBSの情報番組に麒麟・川島明のMC就任が噂されている。どちらも月曜~金曜で放送される朝の情報番組だが、美声で知られる俳優と芸人の名前が挙がっていることからも、声が重視されていることがわかるだろう。
    >>2続く

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cfd56deb8dbf4ed107de2ef75d767d9222c1c144


    【【芸能】花江夏樹や宮野真守など 「声優をドラマに起用」が増えた背景 】の続きを読む


    工藤 阿須加(くどう あすか、1991年8月1日 - )は、日本の俳優、タレント、キャスター。本名同じ。 埼玉県所沢市出身。パパドゥ所属。東京学館高等学校、東京農業大学卒業。 2012年、日本テレビのドラマ『理想の息子』で俳優デビュー。



    (出典 img.ananweb.jp)


    ソフトバンク工藤監督の長男・工藤阿須加、野球をやらなかった理由を初告白

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/31(日) 14:11:20.42 ID:CAP_USER9.net

     プロ野球・ソフトバンクの工藤公康監督の長男で俳優の工藤阿須加が、29日深夜に放送されたテレビ朝日「川柳居酒屋なつみ」に出演し、学生時代に野球をやらなかった理由を語る。 
     
     元々プロテニスプレーヤーを目指していた阿須加は、右肩を壊してしまい挫折。妹が持ってきたオーディション雑誌がきっかけで俳優の道に進んだ。

     父については「しゃべると現状を全部見抜かれそうで。異様な空気を放つんですよ。あの空気は本当に嫌です」と現在も苦手意識があるという。昔から礼儀には厳しく、叱られて正座させられたことなども語った。

     番組レギュラーで大の野球ファンでもある歌舞伎俳優・尾上松也が「野球の選択肢はなかったんですか」と質問。阿須加は「(取材などでは)『興味ない』って言ってたんですよ。で…本当は一番やりたかったスポーツは野球だったんです」と初告白した。

     父が現役選手として活躍していた当時「家族もけっこう大変なことになって」いたという。この頃、阿須加はソフトボールのチームに入っており、野球部と兼任するチームメートも多かったが「『野球やりたい』って言ったら、母が『野球はやめて』って」とストップをかけられた。「今思えば『やめて』って言われた理由も分かるなって。母のせいには全くしてないですけど」と振り返った。

     「大変なこと」の詳細は明かさなかったが、子供ながらに家族のために野球を選ばなかったことを示唆。最後は両親にも言ったことがないという「もう1回人生生まれ変わったら、野球やりたい」という思いを吐露し、スタジオをしみじみとさせていた。

    1/31(日) 14:01 Yahoo!ニュース 3
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210131-00000055-dal-ent


    【【芸能】工藤監督の長男・工藤阿須加 「本当は、一番やりたかったスポーツは野球だった」と語る 】の続きを読む


    亀梨 和也(かめなし かずや、1986年〈昭和61年〉2月23日 - )は、日本の歌手、俳優、タレントで、男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバー。 東京都江戸川区出身。ジャニーズ事務所所属。 1998年、中学1年生の時にジャニーズ事務所に入所。同期は赤西仁、中丸雄一、増田貴久、藤ヶ谷太輔、塚田僚一。



    (出典 lp.p.pia.jp)


    亀梨「レッドアイズ」の初回視聴率にザワついた日テレ あのドラマを真似て大成功!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/31(日) 07:47:22.53 ID:CAP_USER9.net

    1/30(土) 17:00
    デイリー新潮

     亀梨「レッドアイズ」の初回視聴率にザワついた日テレ あのドラマを真似て大成功! 
     
     亀梨和也(34)主演の「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ)の初回(1月23日)は視聴率12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)と好スタートを切った。

     念のため言うと、裏番組の特番「人志松本のすべらない話」(フジテレビ)は11・3%だったそうで、人気番組にも勝利した日テレとしては大喜びだという。社外からは「あのドラマとそっくり」なんて声が出ているそうだが、これが功を奏したという見方がもっぱらだとか。

     「レッドアイズ」の初回は、以下のように始まった。

     亀梨演じる伏見響介は、かつては神奈川県警捜査一課で検挙率ナンバーワンを誇った敏腕刑事だった。ところが、3年前に婚約者が殺害され、無実の容疑者を暴行したことで懲戒免職され、探偵事務所で働いていた。そこに、神奈川県警に新設された、防犯カメラ情報を駆使する捜査分析センター(KSBC)の機動捜査官としてスカウトされる。伏見が出した条件はひとつ、探偵事務所の同僚が一緒ならOKだ。だが、その同僚達は、詐欺罪で逮捕歴のある犯罪心理学の元国立大学教授(木村祐一[57])、夫を殺害した元自衛官(シシド・カフカ[35])、防衛省のサーバーに侵入して捕まった若き天才ハッカー(SixTONESの松村北斗[25])という前科者たちだった――。

     仲間達の協力を得て、伏見は新たな犯罪を未然に防ぐために奮闘する。アクションも切れがよく、ドラマはスピード感もある。高視聴率もむべなるかな。ところが、なんだか既視感があると感じた視聴者も少なくなかったらしい。ネット上にはこんな声が上がった。
    確信犯的模倣

     〈レッドアイズおもろいけど話の構成が完全にボイスやんけ〉

     〈ドラマ「レッドアイズ」TVerで見たけど、何かに似てるなー。て思って調べたらボイスだった。スッキリした…妻がスマホ越しに*れるシーンが共通で、犯人が青いコートとカチカチ野郎。似てる。同じ製作チームらしいですね。〉

     〈ボイスと絶対零度を足して2で割った感じがする=私に取って最高なのだよ。〉

     日テレ関係者が語る。

     「やはりドラマ好きの方には、すぐにわかっちゃいますね。初回は、いわば仕掛け、確信犯だと思います」
    >>2続く

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3aa4825def4d8384c7981e4c21bfd5527179e1c3


    【【芸能】亀梨和也 主演ドラマ「レッドアイズ」視聴率好スタート 日テレひとまず安心? 】の続きを読む


    里田 まい(さとだ まい、1984年3月29日 - )は日本の歌手、タレント。カントリー・ガールズのスーパーバイザーであり、かつてはカントリー娘。、Pabo、アラジン、里田まい with 合田兄妹にも所属していた。アップフロントクリエイト所属。身長161.5cm、血液型A型。愛称はまいちゃん、まいちん、さっとん等。



    (出典 image.4meee.com)


    里田まい マー君の悩み抜く姿を見て楽天を選んだ決断に「もう背中を押す以外、考えられませんでした」

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/31(日) 01:18:16.27 ID:CAP_USER9.net

     8年ぶりに楽天への復帰が決まった田中将大投手(32)の妻でタレントの里田まい(36)が30日、自身のインスタグラムを更新し、英語でニューヨークのファンたちに感謝し、日本語で田中の移籍の報告を行った。

     里田は田中の会見での笑顔の写真を投稿し「夫の新しいチームが、東北楽天ゴールデンイーグルスに決定いたしました。私にまでコメント、ご連絡をいただき、ありがとうございます」と感謝。さらに「本人も会見で話していたように、オフシーズン中、悩んで悩んで悩み抜く姿を、私は一番近くで見ていました。」と明かした。

     その上で田中が選んだ決断を「決して簡単な道ではなく、その期待や責任は、とても大きなものだと思っております。その全てをモチベーションに、彼が自分の野球をしたいんだとわかってからは、もう背中を押す以外、考えられませんでした」と認めた上で「私は、野球の細かいことはよくわかりません。ただ、彼の気持ちが、よりワクワクする方を選ぶことが彼らしい道なのだということだけは、わかります。

     再び環境は変わりますが、私自身変わることは特になく、引き続き、どんな時も彼をしっかりと送り出し、どんな時も温かく迎える場所を作りたいと思います。皆様、これからも応援の程、よろしくお願いいたします!」とつづった。

     さらに「球場早く行きたいな。。。ごはん、どんなのがあるか、リサーチしなきゃ」と付け加えた。

     また、英語では里田と田中のヤンキースタジアムでのツーショット写真を投稿し、ニューヨークでの友人らに「本当に素晴らしい7年間でした。そして、私たちの思いや感情を表現する言葉を見つけるのは難しいです」感謝の言葉をつづっている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19618776/

    2021年1月30日 23時43分 スポニチアネックス

    (出典 i.daily.jp)


    【【芸能】田中将大の妻・里田まい マー君が悩み抜いた決断に「もう背中を押す以外なかった」   】の続きを読む

    このページのトップヘ