おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    2021年03月


    松坂 桃李(まつざか とおり、1988年〈昭和63年〉10月17日 - )は、日本の俳優、モデル。左利き。 神奈川県茅ヶ崎市出身。トップコート所属。妻は女優の戸田恵梨香。 2008年、友人に誘われて応募した「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞し、雑誌『FINEBOYS』専属モデルで芸能活動開始。


    (出典 www.crank-in.net)


    松坂桃李まさかの「逆GACKT」襲名 「格付けチェック」のポンコツぶりに視聴者爆笑

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/31(水) 20:24:25.45 ID:CAP_USER9.net

    3/31(水) 15:03配信
    J-CASTニュース

    松坂桃李さん(2015年撮影)

     2021年3月30日に放送された「芸能人格付けチェック BASIC~春の3時間スペシャル」に出演した俳優の松坂桃李さん(32)の「全問不正解」が視聴者の間で話題だ。

     同番組は「高級品」「廉価品」「模造品」といった物品を識別するクイズを出題するなどして、出演する芸能人が「一流」なのかそうではないかを判定する容赦のなさが、毎回視聴者を沸かせているが、今回、その松坂さんの意外なまでの節穴ぶりが明らかになってしまった。

    ■ 「『超一流芸能人』なのに『超庶民舌』な松坂桃李まじで推せるよな」

     1問目は赤ワインと白ワインの区別に失敗。続けての問題では「マグロは大好き」と自身を見せつつ最高級マグロとブリ、はんぺんのネギトロ巻風を識別しようとしたが、やはり失敗。マグロとはんぺんを間違えてしまった時点で松坂さんは「写す価値なし」となり、画像加工で画面から消滅した。

     しかし、早すぎる消滅には番組から救済の手が差し伸べられ、松坂さんは再度画面に登場。そして、最後となる自身3問目のプロのコーラスと大学生のコーラスの聞き分けに挑んだものの三度の失敗。再度の「写す価値なし」判定を受け、またしても画面から消滅したのだった。

     松坂さんといえば2019年には日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を、2020年には最優秀主演男優賞を受賞した、押しも押されぬ超一流芸能人だが、その片鱗すら見せない大間違いぶりに、ネット上には視聴者からの絶賛が続々。

     あるツイッターアカウントは、「『超一流芸能人』なのに赤ワインと白ワイン、マグロとはんぺんの区別が付かない『超庶民舌』な松坂桃李まじで推せるよな」と、そのギャップにニッコリ。また、別のアカウントも「結果、みんなの大好きな松坂桃李さんでした」と、その結末の座りの良さを愛でているほどだ。

     この節穴ぶり、すでに「キャラ」として完成しかけている!? 
    これら、2度にわたる「写す価値なし」判定を受けるも、視聴者から喝采を浴びてしまった松坂さん。前述のコメントにもある通り、「超一流芸能人」であるにもかかわらず、それ以外のジャンルではどこまでも節穴であるという点が視聴者に広く受け入れられたようだ。

     ちなみに、この節穴ぶり、すでに「キャラ」として完成しかけている感はないだろうか。そう、「芸能人格付けチェック」で無敗を誇るあのお方の逆バージョンとして......そう、松坂さんは今後、「逆GACKT」として番組に出演し、連敗記録を伸ばしていくという展開は視聴者から歓迎されるのではないだろうか。

     その兆候なのか、今回の放送ではGACKTさんは出演していなかった。ということは......今後、GACKTさんと松坂さんが交互に放送に出演し、「無敗記録更新」と「連敗記録更新」を視聴者に見せつけていく日が来るかもしれない。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/28f7a9617c5bec5ea45019d2e2ce5c27143d6310


    【【芸能】松坂桃李 「格付けチェック」出演 まさかの「全問不正解」 "逆GACKT" 襲名も視聴者大受け】の続きを読む


    舛添 要一(ますぞえ よういち、1948年〈昭和23年〉11月29日 ‐ )は、日本の国際政治学者、元政治家。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。 参議院議員(2期)、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣(第8代・第9代・第10代)、新党改革代表(第2代)、東京都知事(第19代)などを歴任した。


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    元厚労相・舛添要一氏「この時期に言語道断だ」 厚労省職員23人の深夜会食をバッサリ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/31(水) 17:25:03.31

    3/31(水) 16:16配信
    スポニチアネックス

    舛添要一氏

     元厚労相で前東京都知事の舛添要一氏(72)が自身のツイッターを更新。厚労省の職員23人が東京・銀座の飲食店で深夜まで会食していた問題を、「この時期に言語道断」と斬り捨てた。

     会食は東京都が午後9時までの営業時間短縮を要請していた24日に、介護保険制度を担当する老健局老人保健課の送別会として行われ、課長を含む23人が出席した。

     舛添氏は30日夜、ツイッターに新規投稿。「厚労省老健局の職員23人の深夜の会食、この時期に言語道断だ」と指摘した。

     厚労相としての自らの経験に触れ、「厚生省と労働省の統合、事務官と技官の協力という課題に取り組んだ厚労大臣として、そのときの努力が水泡に帰したようで残念だ」とコメント。

     「『局あって省なし』、『医系・薬系技官の聖域』を打ち壊す努力を、私の後継の厚労大臣も継続すべきである」とも記した。

     厚労省は30日、自治体からの研修生3人を除く20人を処分。会を発案した課長は大臣官房付に事実上更迭し、減給の懲戒処分とした。田村憲久厚労相(56)も閣僚給与2カ月分を自主返納する。 
     
     
     https://news.yahoo.co.jp/articles/4119f7574af4a3c47ae76b2ecbca4f530f432af5


    【【話題】舛添要一氏 「この時期に言語道断!」厚労省職員23人の深夜会食をバッサリ】の続きを読む


    長州 (ちょうしゅう りき、1951年12月3日 - )は、日本の元プロレスラー、及び日本と韓国のアマチュアレスリング選手。山口県徳山市(現:周南市)出身。 在日韓国人2世として生まれ、2016年に日本へ帰化した。韓国名は郭 光雄(かく こうゆう、クァク・クァンウン、곽광웅)だった。


    (出典 miruhon.net)


    長州力 ジャニーズ退所の長瀬智也にエール「寿一、、次はどんな世界に飛んで行くのかな」

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/31(水) 13:22:57.51 ID:CAP_USER9.net

    3/31(水) 13:08配信
    東スポWeb

    長州力

     元プロレスラーの長州力(69)が31日、ジャニーズ事務所を退所するTOKIO・長瀬智也に向け感謝の言葉を投稿した。

     長州はTBS系ドラマ「俺の家の話」で長瀬と共演。長州は「アッ!、、そうか、いよいよ旅立ちますね! 寿、、次はどんな世界に飛んで行くのかな、、でっかく羽ばたくでしょうね、、楽しみにしてますよ本当に寿には助けられましたね!有難う感謝しか無いです、、」とドラマの中の長瀬が演じた寿一の名前を出して感謝の気持ちを伝えた。

     その上で「不思議と寂しさは無いです! 出会いも別れもこんなに自然に出来る存在感が凄いよ!」と感慨深げだった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/580dac234e2eaecab66fdd66cc619476d2d89883


    【【芸能】長州力 ジャニーズ退所の長瀬智也にエール 】の続きを読む


    小柳 ルミ子(こやなぎ ルミこ、本名:小柳 留美子、1952年7月2日 - )は、日本の歌手、女優。70年代アイドル。別名:rumico。現在の福岡市早良区生まれ。母親は秋田県出身。血液型はA型。愛称:ルミちゃん、ルミルミ。 プラチナムプロダクション所属。


    (出典 img-tokyo-sports.com)


    小柳ルミ子、志村けんさんの画像は今もまだ「見れない」と明かす 「どんなアドリブも許して受けるから…帰って来てよ」

    1 ひかり ★ :2021/03/31(水) 13:51:51.41 ID:CAP_USER9.net

     歌手の小柳ルミ子(68)が30日、自身のブログを更新。昨年3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんへの思いをつづった。

     「けんちゃん 昨日3月29日で一周忌だったね 昨日は一日中けんちゃんとの思い出を思い出していたよ」と語りかけるように投稿し、出会って50年、地方公演やコントの共演、食事を楽しんだことなど思い出を「私の宝物だよ」と振り返った。

     続いて「私の顔の前で オナラするのも どんなアドリブも許して受けるから 帰って来てよ けんちゃんがコロナに倒れたなんて これから先も 信じられないし 信じないよ」と切実に訴えた。

     亡くなって一年たった今も志村さんの画像などは「見れない」心境だと明かし「私の脳裏に 記憶に 焼き付いてるから それで良いんだ」と自らに言い聞かせるようにつづった。

     志村さんと俳優の菅田将暉がW主演を務めるはずだった山田洋次監督の映画「キネマの神様」で、沢田研二が志村さんの代役を務めて完成したことにも触れ「ジュリーが代役を務めて 完成したよ 

     元渡辺プロの仲間 有難いね 嬉しいね」と報告。最後には「けんちゃん ずーっと ずーっと ずーっと 大好きだよ ずーっと ずーっと ずーっと 私の心の中にいるよ 有難う けんちゃん!」と愛情たっぷりに呼び掛けた。
    中日スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c8e1a3a1c13c3dd90bb68f612e27c48c8e24504


    【【芸能】小柳ルミ子 ブログで、志村けんさんの画像は今もまだ「見れない…」と語る】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント・司会者・俳優・歌手・作詞家・YouTuber。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182 cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また、音楽ユニット『野猿』の元メンバーでもある。


    (出典 www.tvguide.or.jp)


    石橋貴明 稼ぎは黄金期の3倍、それでも “ぼっちYouTuber” 化の哀しき晩年 フトコロとココロの潤いは違う

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/31(水) 09:27:30.51


    3/31(水) 9:06配信
    日刊ゲンダイDIGITAL

    フトコロとココロの潤いは違うのね(C)日刊ゲンダイ

     YouTuberに転身したと思ったら瞬く間に100万人以上の登録者数を記録したとんねるずの石橋貴明(59)。

     「現在130万人以上のチャンネル登録者数を抱えています。驚くのは収入ですよ。テレビのゴールデン&プライム帯で活躍している当時の3倍以上も稼いでいるというんです」(芸能関係者)

     誰もが想像もしていなかった結果に得意満面と思いきや、最近の石橋はすこぶる元気がないという。理由は地上波テレビで唯一のレギュラー冠番組だった「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系)が3月23日の放送を最後に打ち切られたから。その結果、石橋の活躍の場は公式YouTube番組「貴ちゃんねるず」のみとなってしまった。

     「収入には困らないだろうが、なんだかんだ言っても石橋はテレビの申し子のような芸人です。『石橋、薪を焚べる』の終了に伴い“とんねるず”や石橋貴明の名前はテレビ番組編成表で見つけることはもはや不可能になってしまいました」(放送作家)

     YouTuberとしても成功を収めた石橋だが、やはり主戦場は地上派という気持ちが強く、いまだに28年間以上も続いたかつての冠番組「みなさんのおかげでした」(フジ系)の楽しかった思い出の日々を引きずっているという。

     「『みなさんのおかげでした』は常に100以上のスタッフが動き、おぎやはぎやバナナマン、カンニング竹山らお気に入りの芸人に囲まれロケや収録自体がそのまま趣味になっていたんです。でもいまはスタッフは数人のみ。話し相手はディレクターのマッコイ斎藤だけですからね」(前出の放送作家)

     「みなおか」は、視聴率低迷と制作費の高騰が原因で3年前に打ち切りになったが、フジが代替番組として用意した深夜の『石橋貴明のたいむとんねる』も2年持たずに終了。そんな石橋にとって心のよりどころが「石橋、薪を焚べる」だったのだ。

     「深夜帯といいながらも石橋は自分の人脈を生かし、テレビには出ないようなその道の達人をキャスティングするなど制作にも協力を惜しまなかったんです。予算のない番組であることを理解していて、一時はノーギャラでもOKだと語っていたそうです。

     YouTuberとして大成功を収めましたが、本音はテレビ番組に出たい。基本、寂しがり屋ですからね。テレビ局はネットに押されているとはいえ、いまだに多くのスタッフであふれている。あの雰囲気が忘れられないようです」(制作関係者)

    ■テレビ局は“塩対応”

     しかしながら、石橋の切実なるラブコールにテレビ局は“塩対応”のようだ。

    「正直、厳しいですね。最盛期の石橋の武勇伝がいろいろな意味であだになっているんです。ギャラもバカ高いし、悪いイメージしかない。年末年始の某局のとんねるずの特番も打ち切りの方針が決まったそうです。『石橋さんはそのままYouTubeで頑張って』というのがテレビマンの大方の本音ですよ」(編成関係者)

     還暦目前にしてテレビ界からNGを食らった石橋。厳しい現実を突き付けられている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/50df1ddaea52ab10a3ca1301b0db1e3052097071


    【【芸能】石橋貴明 稼ぎは黄金期の3倍でも「貴ちゃんねるず」のみでは "寂しい" ? 】の続きを読む

    このページのトップヘ