おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    2021年09月

    引退を決めた橋幸夫(東スポWeb)

    橋 幸夫
    (はし ゆきお、1943年5月3日 - )は、日本の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。本名:橋 幸男(読み同じ)。血液型はA型。著書に認知症の実母の介護生活を綴った『お母さんは宇宙人』がある。 俳優の橋龍吾は息子、演歌歌手の橋宏之(ひろゆき)は甥にあたる。東京都荒川区出身。


     NHK紅白歌合戦に19回の出場歴がある大物歌手・橋幸夫(78)が引退することが28日、本紙の取材で分かった。80歳になる2023年5月3日の誕生日に行うステージを最後にマイクを置くという。早ければ週明けにも都内で記者会見を行い、橋本人の口から正式に引退を発表する。

     芸能関係者によると、橋はここ数年、歌手活動を続けるべきか辞めるべきか、悩みに悩んでいたという。人を感動させるエンターテインメントの世界では、いくら感情豊かな表現力に優れていたとしても、「年齢による声の衰えはどうすることもできず、このままでは観客やファンを満足させるパフォーマンスは出せない」と引退を決断。東京五輪後に関係者らと協議を重ね、このタイミングで公表する決心を固めたようだ。

     若かりし頃、自衛隊員や警察官に憧れを抱いていた橋は、「自衛隊や警察官の方々もサラリーマンと同じように定年がある。でも歌手にはない。納得いくステージができなくなり、けじめをつける意味でも2年後の誕生日を最後に、もう歌うのはやめよう」と、自ら“80歳定年”を設定した。

     事前にグループ解散日を発表したアイドルらが、それまで“解散コンサート”と銘打って全国行脚するケースはよくある。解散と引退では、そのニュアンスは決して同じものとは言えないが、橋も2022年1月から23年5月の誕生日まで“引退コンサート”を行う予定だ。

     関係者の一部からは「これでは引退ビジネスじゃないか?」と批判の声が出ることも覚悟のうえで、「長い間、応援してくださったファンの前で最後の雄姿を見せたいそうだ」(前出芸能関係者)。

     橋は1960年にリリースしたデビュー曲「潮来笠」で第2回日本レコード大賞新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場した。これを皮切りに、76年まで紅白には17回連続出場、通算19回出場した。

     62年には吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」で第4回日本レコード大賞を受賞し、4年後にも「霧氷」で史上初となる2度目の大賞を受賞した。当時は舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的人気を集めた。63年には石川県金沢市でのコンサート中に軍刀を持った男に襲撃されたこともある。この時の後遺症により、橋は今も左手小指を伸ばすことができない。

     71年に発売したテレビドラマの主題歌「子連れ狼」は広くお茶の間に浸透し、80年代に入ると当時、漫才ブームで大ブレークしていたザ・ぼんちのおさむが橋のものまねをする時のポーズ「あり~」が大受けし、橋はお笑いファンだけにとどまらず老若男女から脚光を浴びた。

     デビュー以来、500以上のオリジナル曲をリリースしてきた橋は、今年12月には、ついにラストシングルとなる引退曲(タイトル未定)をリリースする。テーマは警察官や機動隊員への応援歌になるものと思われる。

     波瀾万丈の歌手人生に終止符を打つことを決めたが、人生はまだまだ。80歳からの新しい人生に何を飾るのか、橋幸夫だから楽しみである。

    ☆はし・ゆきお 1943年5月3日生まれ。東京都出身。中学2年から作曲家の故遠藤実氏に師事。高校1年でビクターエンタテインメントのオーディションに合格し、60年「潮来笠」でデビュー。同曲の爆発的ヒットで日本レコード大賞新人賞を受賞。日本レコード大賞は、62年に吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」、66年「霧氷」で2度受賞している。歌手や俳優として活動するかたわら、モンゴル親善大使や介助犬サポート大使などを務める。老若男女問わず幅広い世代から支持されている。

    【独自】橋幸夫が歌手引退へ 週明けに記者会見 12月にラストシングル発売 (msn.com)


    夏目 三久(なつめ みく、1984年8月6日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元日本テレビアナウンサー。大阪府箕面市出身。所属事務所は田辺エージェンシー。夫はお笑いタレントの有吉弘行。

     フリーアナウンサーの夏目三久(37)がMCを務めるTBS系朝の情報番組「あさチャン!」が30日、最終回を迎えた。だが、感動的な番組の構成と相反し、夏目の最後のあいさつが尻切れとんぼとなったことに、ネット上では非難の声が上がっている。

     番組は、放送第1回からこの日の第1916回までの夏目の顔の変遷カットからスタート。前半は自民党総裁選の結果などニュースを報じ、後半に7年半の映像を特集して振り返った。

     午前7時44分すぎから、夏目以外の出演者から感謝のあいさつが次々放送された。同52分にはスペシャルゲストとして、番組にゆかりのある応援集団「我武者羅應援團」のメンバーがサプライズで登場。夏目が「大切な放送時間を自分のために使われることをよしとしない」としていたため、最後に姿を見せたという。夏目へのエールが同59分以降も続き、結果、夏目は早口で感謝の言葉を伝え、番組が終了した。

     特別感のある構成だったが、ネット上では視聴者からの不満が相次いだ。「これマジいらない 夏目さんの挨拶が聞きたいのに」「長い! 夏目さんの言葉をひとつでも多く聞きだいよ」「夏目さんの最後を見届けたかったのに、自分に酔ってるおじさん達に台無しにされた感」「夏目さんの話す尺がなく 延々と応援団が尺をとる…やっとの挨拶のタイミングが一瞬」「夏目さんにもっと尺をとってよ」「せめてゆっくり話すくらいの時間残してほしかったわ 最終回なのに」「最後なのにまともに挨拶させてもらえなかった夏目さん不憫」と厳しい声が相次ぐ結果となった。

    夏目三久、あさチャン最終回に非難の嵐 応援集団のあいさつ優先され、“主役”の尺は一瞬「本人の言葉を聞きたかった」「台無し」「不憫」 (msn.com)



    フワちゃん熱愛質問にうんざり顔「もうやめてよ!」“東大王”伊沢拓司との交際報道を全面否定  

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/30(木) 14:40:52.01

    9/30(木) 14:34
    中日スポーツ

    フワちゃん熱愛質問にうんざり顔「もうやめてよ!」“東大王”伊沢拓司との交際報道を全面否定

    フワちゃん
     タレントのフワちゃん(27)が30日、東京都内で行われたモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」の新公式キャラクター就任式に出席した。

     「ChargeSPOT」はスマートフォンの充電サービス。事業拡大のタイミングに合わせ、フワちゃんをキャラクターに起用した新CMをオンエアする。

     フワちゃんは「チャージスポットは普段から使っている大好きなもの。大好きなものから大好きと言われて、すごくうれしい!」と笑顔を見せた。

     就任式にはお笑いコンビ「かまいたち」の濱家隆一(37)と山内健司(40)もゲスト出演。フワちゃんを交えた即席の漫才トークで盛り上げた。

     9月中旬に女性誌にタレントの伊沢拓司(27)との熱愛疑惑を報じられ、これを全面否定したフワちゃん。就任式で女性リポーターからあらためて熱愛の真相を聞かれると「もうやめてよ!」と、うんざり顔で返した。 
     
     
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1b75f46f8fdfc9bffcf4f78b5355c2037606f8cc


    【【芸能】フワちゃん熱愛質問にうんざり顔「もうやめてよ!」“東大王”伊沢拓司との交際報道を全面否定】の続きを読む


    片瀬 那奈(かたせ なな、1981年11月7日 - )は、日本の女優、司会者、歌手、ファッションモデル。 東京都江東区出身。研音所属(2021年9月30日まで)を経てフリー。身長172cm。 東京都江東区の砂町出身。出生時は3650gで病院一の大きさであった。中央区立日本橋中学校出身。

    片瀬那奈、所属事務所退所発表 今後はフリーで活動  

    1 フォーエバー ★ :2021/09/30(木) 17:32:59.53

    【モデルプレス=2021/09/30】女優の片瀬那奈(39)が所属事務所「研音」を30日をもって退所することがわかった。同日、事務所の公式サイトにて発表された。

    【写真】片瀬那奈、最近の恋愛事情明かす 
     
    ◆片瀬那奈、所属事務所退所 今後はフリーで活動

    片瀬は所属事務所との話し合いを重ねた結果、退所することとなったといい、今後はフリーで活動するという。

    なお、片瀬のオフィシャルサイト(PC、モバイル共通)と公式SNSは終了となるとしている。

    片瀬は1981年11月7日生まれ、東京都出身。近年の出演作にドラマ「恋はつづくよどこまでも」(2020年/TBS系)「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(2021年/TBS系)「彼女はキレイだった」(2021年/カンテレ・フジテレビ系)など。2011年より日本テレビ系情報番組「シューイチ」(毎週日曜7時30分~)のレギュラーを務めている。(modelpress編集部)

    ◆公式サイト全文

    片瀬那奈に関するご報告

    平素より片瀬那奈を応援して頂きありがとうございます。

    この度、片瀬那奈は2021年9月30日をもちまして研音グループを離れ、新たなスタートをきることになりました。

    つきましては9月30日をもちまして、片瀬那奈オフィシャルサイト(PC、モバイル共通)、公式SNSを終了させていただきます。

    何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
             
    2021年9月30日

    株式会社 研音


    【Not Sponsored 記事】

    2021/09/30 17:00モデルプレス
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw9943095?news_ref=50_50


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】片瀬那奈、所属事務所退所発表 今後はフリーで活動  】の続きを読む


    小室 哲哉(こむろ てつや、1958年〈昭和33年〉11月27日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、キーボーディスト。東京都府中市出身。

    小室哲哉 TM NETWORK6年ぶり再始動へ!目撃した3年前の深夜密談現場  

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/30(木) 10:38:10.13

    9/30(木) 6:07
    女性自身

    小室哲哉 TM NETWORK6年ぶり再始動へ!目撃した3年前の深夜密談現場
    Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

     「3年前の1月に芸能界引退を発表した小室さんが、再び芸能界の表舞台に復帰するそうです。まずはTM NETWORKを6年ぶりに再始動させるとか。近日中に正式発表される予定です」(音楽関係者)

     小室哲哉(62)が宇都宮隆(63)や木根尚登(64)とTM NETWORKを結成したのは、83年。84年に『金曜日のライオン』でデビューすると、87年には『GET WILD』でオリコンTOP10入りを果たした。94年には突然の活動休止を宣言したが、97年に再結成。2015年、充電期間に突入するまで第一線で活動してきた。17年4月には新曲『GET WILD SONG MAFIA』を発売するも、小室の電撃引退発表により、活動は事実上休止状態だった。

     「小室さんの電撃引退発表会見は、当時の所属事務所も“寝耳に水”状態だったとか。『週刊文春』の不倫疑惑に応えるはずの会見が、突然の引退表明になったのですから。今年2月にKEIKOさんとの離婚も成立し、ご本人としては“禊が済んだ”と思われての再出発なのでしょうが、今回の突然の芸能界完全復帰に戸惑っている人たちもいるといいます」(前出・音楽関係者)

     実は本誌は“涙の引退会見”からちょうど1週間後の18年1月26日、小室が浅倉大介(53)と結成したユニット『PANDORA』のライブイベント終了後、都内のマンションで宇都宮と木根と合流した現場を目撃している。

     「18年は本来なら“TMN結成35周年”の記念イヤーで、小室さんは復活ライブを計画していました。しかし『週刊文春』で不倫疑惑が報じられ、引退を電撃決断。彼らも小室さんのことがよほど心配だったのでしょう。この日、急きょ集まってくれたようです」(前出・音楽関係者)

    時計の針は、午前0時をまわっていた。この日、小室は2人に“悲痛の今”を訴えていたという。

     「この日の小室さんは自らの音楽活動に未来を抱けない悲壮な状態で、そんな彼を2人が必死に励ましていました。会談は当初1時間ほどの予定でしたが、気づけば時刻は午前3時になっていました」(前出・音楽関係者)

     一足先にマンションから出てきたのは宇都宮。次に、少ししてから木根が帰っていった。その直後、小室が出てくる。そして車に乗り込むと、名残り惜しそうに帰路についた。

     「最後は小室さんの悩み相談のようになっていたらしく、音楽活動やプライベートの本音を2人に打ち明けていたといいます。ただ、小室さんは帰るときもまだ話したがっていたそうです。それは、盟友の2人に胸中を率直に打ち明けたことで、彼の中でまだ“音楽への思い”が消えていないことに気づいたからだったのでしょうか…。

     小室さんが表舞台から姿を消した後も、2人は小室さんの音楽の才能を信じ、コロナ禍でなかなか直接会えないまでも、電話やメールなどで励まし続けていたそうです」(前出・音楽関係者)

     “心機一転”を図った小室にとって、盟友2人と深夜まで語り尽くしたこの日の感謝が、彼の原点であるTM NETWORK再結成となったのかもしれない――。 
     
     
    https://news.yahoo.co.jp/articles/46852bf8eea10ba448bfb0375ec98d444f1cbd1a


    【【芸能】小室哲哉 TM NETWORK6年ぶり再始動へ!目撃した3年前の深夜密談現場  】の続きを読む

    このページのトップヘ