おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    カテゴリ:芸能 > 俳優

    伊藤健太郎 伊武雅刀、小林薫も絶賛!名優を虜にする好青年な魅力

     伊藤健太郎 伊武雅刀、小林薫も絶賛!名優を虜にする好青年な魅力

    《なんだか少しホッとしたのと同時に寂しさもあります。冬薔薇のお陰で、素敵な出会いも沢山ありました。ありがとうも沢山ありました。本当にありがとございました!僕の宝物をみなさんにも、どうぞ。笠松伴助さんが撮ってくれました》

     6月14日に、自身の公式インスタグラムでこう綴ったのは伊藤健太郎(24)。そしてあわせて投稿した写真には、伊藤とともに伊武雅刀(73)、小林薫(70)、石橋蓮司(80)の姿が――。

     ’20年10月、車を運転中にバイクと事故を起こし、道路交通法違反の疑いで逮捕された伊藤は、翌年3月に不起訴処分となり、’21年10月まで活動を自粛。その後は舞台に出演するなど徐々に芸能活動を再開し、6月4日公開の『冬薔薇』で映画復帰を果たした。

     冒頭のコメントと写真は、そのPR活動を終えて催された慰労会後に投稿されたものだという。

    「『冬薔薇』は、『伊藤さんの復帰作を撮ろう』という映画会社による提案から始まったプロジェクト。その会社の役員が俳優としての伊藤さんを高く評価しており、実現したそうです。

     公開から2週間ほど経ちますが、『冬薔薇』での伊藤さんの演技の評判はよく、評論家からも好評です。彼の人柄についても伊藤さんの父親役を演じた小林薫さんは、『また共演したいと思う好青年』と絶賛していました。また母役を演じた余貴美子さん(66)も、『よく頷いて話を聞いてくれるとってもいい人で、現場ではとてもかわいがられていました』と語っていました」

     スタッフや大御所俳優の心を鷲掴みにする伊藤。かつて本誌も伊藤に魅了された大物に取材をしている。

     それは俳優の林与一(80)。数々の映画で故・美空ひばりさんの相手役を務めた時代劇界の大スターだ。

     ’21年8月、林が伊藤をひそかに応援しているとの情報をキャッチした本誌は本人に話を聞くと、こうに語っていた。

    「彼にはまだ会えていないんだ。だからマネージャーには、とにかく時代劇の立ち回りや踊り、三味線を勉強するよう言ったよ。“先生も全部僕が紹介するから暇なうちにやっておけ”と」

    対面してはいないもののアドバイスを送っていると明かした林。さらにこう続けていた。

    「僕は『アシガール』(’17年・NHK)で彼が若殿を演じる姿を見たとき、すごい俳優だなと直感したんだ。写真展では焼き物も飾っていたけど、それだけでも飯が食えると、事務所の社長にも言ったよ。

     石原裕次郎みたいな後世に残る俳優だと思っているし、今でいうと、彼の才能は“芸能界の大谷翔平”かな」

     名優たちを虜にする伊藤。果たして、ふたたび芸能界で“ホームラン”を放つことができるのか。


    伊藤健太郎 伊武雅刀、小林薫も絶賛!名優を虜にする好青年な魅力 (msn.com)

    ディーン・フジオカ

     ディーン・フジオカ 2度の「職務質問」経験明かす、空港で警察官15人に囲まれ「何が目的だ!?」

     俳優、ディーン・フジオカ(41)が17日放送のフジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)に出演し、警察官から「職務質問」を受けた過去を語った。

     趣味である「剣術」を公園で練習していたときのこと。ディーンは警察官から声をかけられたとし「中華武術の剣だったんですけど。エンターテイメントの仕事をしてまして、パフォーマンスの練習ですって言ったんですけど…なかなか浸透していないんですよね」と、怪しまれたことを振り返った。続けて「これが初めてじゃなくて」と、それより前の職質経験を紹介した。

     海外在住だった時期、飛行機に乗る際に「剣を3本くらい飛行機に持ち込んだ」ことがあったという。前もって航空会社に「確認」しており、ディーンも「ハードケースに入っているから大丈夫」と思っていた。しかし「税関の荷物チェック」の場面でハプニング発生。ケースを開いた職員が、ディーンの「刃渡り100センチみたいな剣3本」を発見した瞬間、目を丸くして沈黙した。

     「ちょっと待ってくださいみたいな感じ」となり、別室に連れていかれたディーンは「空港の警察官15人くらいに囲まれて」と回顧。「何が目的だ!?」と問い詰められたことを明かし、苦笑していた。


    ディーン・フジオカ 2度の「職務質問」経験明かす、空港で警察官15人に囲まれ「何が目的だ!?」 (msn.com)



     「SPY×FAMILY」実写化されたら演じてほしい俳優は?

     「『SPY×FAMILY』実写化されたら演じてほしい俳優&女優ランキング」を、TVマガが発表。主人公のロイド・フォージャーを演じてほしい俳優の1位には、玉木宏が選ばれた。

     ロイド・フォージャーは、西国情報局に所属する敏腕スパイ。すらっとした体格や整った顔立ち、渋い声がロイドにぴったりなどの理由から、玉木が1位に輝いた。2位にはディーン・フジオカ、3位には吉沢亮が入った。

     ヒロインのヨル・フォージャーを演じてほしい女優1位に選ばれたのは、新垣結衣。「綺麗なのと冷徹な雰囲気どちらとも出せそう」「上品だけど裏がある役が似合うから」といった理由があがった。2位には綾瀬はるか、3位には栗山千明が入った。

     他人の心を読める超能力者の少女アーニャ・フォージャーを演じてほしい女優1位は、稲垣来泉。子役とは思えないほどの演技力が決め手となった。2位には加藤柚凪、3位には芦田愛菜と本田紗来が入った。

     情報屋のフランキー・フランクリンを演じてほしい俳優1位に選ばれたのは、ムロツヨシ。「モジャモジャ頭とコミカルなイメージが、フランキーそのまま」などの理由があがった。2位には大泉洋、3位には濱田岳が入った。

     同調査は、10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)100名を対象に、ドラマ口コミサイト・TVログ内のドラマ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceが実施したもの。5月12日から30日までの期間に、公式Twitterアカウントや、他インターネットでリサーチしたアンケート結果を集計している。

     「SPY×FAMILY」は、遠藤達哉による人気漫画。4月にアニメ化されたことでも話題になっている。(清水一)


    「SPY×FAMILY」実写化されたら演じてほしい俳優は? (msn.com)



    伊藤英明「監督やプロデューサーさんを驚かせてしまった」 ばっさり丸刈りで林遣都&仲野太賀主演『初恋の悪魔』出演

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/16(木) 12:44:27.64
    公開日 2022/6/16 10:30

    伊藤英明、ドラマ『初恋の悪魔』に出演決定(C)日本テレビ

     俳優の伊藤英明が、林遣都と仲野太賀がW主演を務める7月16日スタートの新ドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に出演することが発表された。伊藤は、髪をバッサリ切り、林と仲野が演じる主人公2人が勤務する境川警察署の署長、雪松鳴人役を演じる。

     本作は、『Mother』『Woman』『それでも、生きてゆく』『東京ラ*トーリー』などのヒットドラマを書きおろした脚本家・坂元裕二が描く、ミステリーで、コメディーで、そしてラブストーリーでもある物語。

    https://m.crank-in.net/news/109458/1

    【【芸能】伊藤英明「監督やプロデューサーさんを驚かせてしまった」 ばっさり丸刈りで林遣都&仲野太賀主演『初恋の悪魔』出演】の続きを読む



    石田純一×いしだ壱成の対談が実現!親子で明かす芸能界の性暴力…「女性から何度も性強要された」

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/06/15(水) 07:10:11.32
    エンタメ・アイドル 投稿日:2022.06.15 06:00FLASH編集部
    https://smart-flash.jp/entame/186236/1

     役者稼業の父子鷹だが、ともに離婚と再婚を経験し、不適切な言動で世間を騒がせてきた2人。ドラマ出演で人気絶頂だった当時を振り返りつつ、現在の撮影現場に漂う空気について持論をぶつける一席ーー。

     6月初め、ある父子が1年ぶりに顔を合わせた。父は、バブル期の“トレンディドラマ”を象徴する俳優の石田純一(68)。息子は、『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)や『未成年』『聖者の行進』(ともにTBS系)などの平成の大ヒットドラマに出演し、天才と呼ばれた、いしだ壱成(47)。父子ともに演技力は評価されるが、私生活のトラブルの多さから“お騒がせ”のレッテルを貼られている。

     久々の対面は、父から子へのクレームで始まった。

    純一 週刊誌になんでもかんでもしゃべったらダメだよ。

    壱成 やめよ、その話。

    純一 記事のせいで、娘の学校の先生に怒られたんだよ。

     先月、女性週刊誌で、「マトリが来るから逃げろ、と父から電話があった」と壱成が話したと書かれた記事について、純一は怒っているようだ。

    壱成 僕には“解離性障害”があって、記憶がないんだよ。

    純一 うーん、記憶がないのはわかったけど…マトリとかそういう話は普通の社会ではありえない話なんだよ。

    壱成 僕が意識的に話したわけじゃないことは理解していただきたい。申し訳ない。

    純一 でも、マトリって言葉はどこから出たの?

    壱成 あることないことを週刊誌にチクった人たちがいたんだよ。とにかく僕は「父が心配です」って言っただけ。精神がおかしいなんて話は絶対にしてないから。

    純一 まあいいや、元気でやってくれさえすれば。

     対談の本題は、芸能界を騒がせている性暴力問題。役者父子である2人の考えはーー。

    壱成 園子温監督の件から、いろいろな監督や演出家が叩かれる事態になっていますね。園さんには僕も何度かお世話になっていて、彼のように有能な監督が叩かれて映画を作れなくなってしまうのは残念です。でもあの人、性別は関係なくて、僕も口説かれたくらい(笑)。だから実際はそこまで深刻な話ではなくて、“見え方”が悪かったんだと思う。

    純一 もともと、監督と女優の恋愛沙汰っていうのは昔からあったわけだし。

    壱成 いちばん何を守りたいかっていうと、園さんの才能ですね。ある行為が断片的に切り取られたのだとしたら、不運だったと思います。

    純一 でも最近の問題を見ると、女性側の目線も考えようよと俺は思うけどね。たとえば、新人さんとか弱い女優さんの立場は気遣う必要がある。「え、こんなことをしないと役をもらえないの?」みたいになっちゃうと、可哀想かな。

    壱成 逆に男のほうも不憫で、普通に相手に恋をしてるだけの場合もあるから。園さんの場合は、特にそうだと思う。

    純一 なるほどね。今は女性が強くなって訴えられるようになったのはいいこと。ただ、男が被害者の場合もある。俺は若いころ、業界関係者の女性に「私とヤッたら、このCMに出してあげるわよ」って言われたことがある。外国映画も含めて監督や俳優に迫られ、何度も怖い思いをした。そこで思ったのは、「嫌なものは嫌」ってこと。俺はこういうのはやれないと、自分の中に規範ができたんだ。だから、無理やりは絶対できない。

    壱成 純粋なファン目線でいえば、園さんの中にモチベーションがなくなり、新しい作品が観られなくなってしまうと残念ですね。結局、ファンがいちばん損しちゃうのかな。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    【【芸能】石田純一×いしだ壱成の対談が実現!親子で明かす芸能界の性暴力…「女性から何度も性強要された」】の続きを読む

    このページのトップヘ