おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    カテゴリ: 話題

    大麻取締法違反の疑いで逮捕された小林正彦容疑者(38)

     不祥事連発!フジテレビ社員「大麻80グラム所持」に驚きの声

    「大麻1回分の使用量はおよそ0.5グラムから0.7グラムくらい。今回逮捕された人物は、およそ160回分の大麻を所持していた計算になります。個人で使用する量とは到底思えません」(全国紙社会部記者)

     フジテレビ局員の不祥事がまた明るみに出た。6月8日、乾燥大麻約80グラムを所持していたとして、同局の編成制作局所属の社員・小林正彦容疑者(38)が警視庁に逮捕されたのだ。

     同局では、『ポップUP!』のチーフプロデューサーによるパワハラによってスタッフが自殺未遂に追い込まれたことが報じられたばかり。連日の不祥事であることに加え、冒頭で記したように「80グラム」という多量の大麻が職務質問で見つかったこともあり、SNS上では瞬く間に話題が拡散した。

    「小林容疑者と車に同乗していた友人も逮捕されたとのことですが、それでも数人で使用する分量ではなく、売買目的で所持していた可能性が十分にあります。

     近年はSNSで『野菜(大麻)』『手押し(直接売買)』といった隠語で購入者を募るケースが散見され、ある意味で誰でも麻薬取引できるような状況がまかり通っています。フジテレビ社員が麻薬を使用していただけでなく、取引にまで手を染めていたとしたら、ハレーションはさらに大きくなるでしょう」(前出・記者)

     小林容疑者はフジテレビを自己都合で5月に退職していたとのことだが、周囲は容疑者の大麻所持について勘づいていたのだろうか。


    不祥事連発!フジテレビ社員「大麻80グラム所持」に驚きの声 (msn.com)

    林下 清志(はやしした きよし、1965年4月8日 - )は、日本実業家テレビ朝日系のドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』にて、長年にわたる取材を受けたことから注目された。

    岩手県山形村九戸郡(現・久慈市山形町)出身。柔道整復師の国家資格を持つ。



    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    ビッグダディ、息子が1700万円の借金を作って失踪 家族が力を合わせて返済中

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/02(木) 23:47:53.37

    NEWSポストセブン

    ビッグダディ、息子が1700万円の借金を作って失踪 家族が力を合わせて返済中

     太平洋を望む神奈川県の大磯町。港の防波堤に腰をおろした男性が、釣り糸を垂らして遠くを眺めている。ビッグダディこと林下清志さん(57才)だ。『女性セブン』記者が声をかけると、驚きの言葉が返ってきた。

    「なに? びっくりした~。借金取りかと思いましたよ(笑い)。これ冗談じゃなくて、いま本当に借金返済中なんです」

     ダディの人生は激動の連続だ。これまで7度の結婚と離婚を繰り返し、元妻たちとの間に総勢10人の実子がいる。彼を一躍有名にしたのは、2006年から約7年間家族に密着したドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)だった。『痛快~』の放送終了後、テレビ番組に引っ張りだことなり、2014年4月からは情報番組『バイキング』(フジテレビ系)にコメンテーターとしてレギュラー出演した。

     タレント業を精力的にこなす一方で、沖縄県に移住してジンギスカン屋を始めたかと思えば、バーの店長として上京するなど、仕事も住まいも転々とする流浪の人生を送ってきた。そして現在、たどり着いたのが大磯町のようだ。

    「実はね、次の仕事が決まっているんだけど、その条件が“魚をさばけること”なんです。あそこ(港にある飲食店)で修業させてもらっているんですよ。修業期間は2か月と考えていて、その間は無給。いまは修業先に住む場所も面倒をみてもらっていて、1日400円くらいで生活しています」(ビッグダディ・以下同)

     次の仕事は飲食業で、経営まで任される好条件での採用が決まっているという。しかし、なぜ借金を背負うことになったのか。

    「それは……うちの息子が金銭トラブルを抱えたまま逃げちゃったんです。総額1700万円。息子とはおれも連絡がとれていなくて……結果、おれたち家族で尻拭いすることにしたんです」

     金銭トラブルになったのは三男で、2年前から林下家で一気に1700万円もの借金を背負うことになったという。最初の半年ほどは子供たちから月3万円ずつ集めていたが、ダディが2020年12月に都内のステーキ店に就職してからは、長男と2人で返済するようになった。

    「長男はコンビニの正社員なんですよ。社宅に住んでいるから、一時期はおれもそこに転がりこみました。もちろん、社長さんに許可をもらっていましたよ。おれの分の家賃も光熱費もかからない。だから、2人の給料のほとんどを返済に充てることができたんです。これまで毎月51万円ずつ返してきました。それが今年3月から37万円になった。だいぶ楽になりました」

    だが、現在のダディはステーキ店を辞めており、無収入。それでも返済は滞っていない。

    「今年の4月から、四男も長男と同じコンビニで働き始めたんですよ。おれはいま無収入だから、年内は長男と四男の2人に返済を頑張ってもらうことにしています。その分、来年からはおれひとりで返していきます」

     現在借金は700万円を切り、来年の11月には完済予定だという。借金を作った張本人である三男とは連絡がつかない状態が続いているが、もし彼が家族のもとに帰ってきたら、ダディはどうするのか。

    「おれはアイツのせいで迷惑を被ったから、おいそれと許すことはできない。でも子供たちには、“帰ってきたら迎えてやれ”と伝えています」

     テレビクルーの密着が終わって9年経つが、林下家は相も変わらずドラマチックだった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d6f34066edd1b59a690e942705dd76194f8dadbe

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654138809/


    【【芸能】ビッグダディ、息子が1700万円の借金を作って失踪 家族が力を合わせて返済中】の続きを読む

    前澤友作氏

     前澤友作氏、新ファンド立ち上げ 「Web3で儲けてはならない」発言一転「めちゃワクワクする世界」

     衣料品通販大手「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏(46)が27日、自身のツイッターを更新し、新ファンドの立ち上げを発表した。

     前澤氏は「Web3及びメタバース領域に投資する『MZ Web3ファンド』を立ち上げました。」と報告。「ファンド規模100億円 即断即決(決定後1週間以内に払込可) PRやマーケ支援します チケットサイズ数百万~数億円(マイノリティ~リード投資まで柔軟に)起業家の皆さま、ぜひご応募を」と呼びかけた。

     続けて「Web3の考え方は今までの資本主義でスポットの当たらなかった人や場所を照らせる可能性がある」と記した。

     ブロックチェーン技術を活用した新世代のオンラインサービスであるWeb3について、前澤氏は今月15日に「Web3で儲けてはならない」と投稿しているが、今回の新事業について「株ではないトークンとかNFTとか、お金自体を変え得る可能性もある。めちゃめちゃワクワクする世界が目の前に拡がっている気がしてます。みんなで何かしませんか?」と思いをつづった。


    前澤友作氏、新ファンド立ち上げ 「Web3で儲けてはならない」発言一転「めちゃワクワクする世界」 (msn.com)

    今井絵理子氏

     今井絵理子、牛から落下で骨盤骨折「しばらくは車椅子の生活となります」

     参議院議員でSPEEDの今井絵理子氏が5日、自身のツイッターを更新。鹿児島県・徳之島の闘牛祭りに参加した際、乗っていた牛から落下して骨盤骨折したことを明かした。

     今井は「昨日、鹿児島県・徳之島の闘牛祭りに参加させていただきました。徳之島の伝統行事に触れることができ、また、皆さんの熱気にたくさんの元気をいただきました。

     インスタライブでご報告させていただきましたが、応援していた牛が勝利したので、牛の上に乗せていただいたところ、バランスを崩して落下してしまいました」と報告。

     続けて「その後、立てなくなり、病院へ搬送され、、、骨盤骨折と判明。しばらくは安静、少なくとも1ヶ月は歩くことはできないとのことです。

     徳之島の皆さんにも心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。しばらくは車椅子の生活となりますが、私は元気です!! この度は徳之島にお招きいただき、本当にありがとうございました!」と呼びかけた。


    今井絵理子、牛から落下で骨盤骨折「しばらくは車椅子の生活となります」 (msn.com)


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    カラテカ入江慎也さん「ヤミ営業」問題で芸能界引退…経営する清掃会社は全国5店舗に

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/25(月) 09:12:11.91

    4/25(月) 9:06配信
    日刊ゲンダイDIGITAL

    カラテカ入江慎也さん(45歳)

    「ヤミ営業騒動」で2019年に吉本興業を解雇され、早々に芸能界を離れたカラテカ・入江。その後、雨上がり決死隊・宮迫の退社へと波紋が広がった。騒動の渦中は一歩も外を出歩けない状態だったというが、その後清掃会社でアルバイトを始め、翌年には清掃会社「ピカピカ」を起業。今では都内を起点に、全国5店舗を展開。騒動から3年、今どうしているのか。
     ◇  ◇  ◇
    「解雇されてから2カ月はずっとひきこもり状態でした。それで家の掃除を始めて、芸人時代の小道具とか衣装とか断捨離を始めました。コンビで舞台に立っていた時のフリップネタの画用紙を処分するときは『これですごくウケたんだよな……』とか思い出してツラかったですね。身の回りを整理することで気持ちがスッキリする、それで清掃の仕事をやってみようと思ったんです」

     再始動はネット検索、時給1100円、42歳のリスタートだった。

    「ご迷惑をおかけしたので、誰かに頼るのは避けようと『目黒区』『清掃』で検索して、ヒットしたのがおそうじ本舗でした。面接に行くと『あの入江さんなんですね! ビックリしました』って言われました。時給1100円から始まり、3カ月で1300円、4カ月目に日当1万円になりました。1万円を稼ぐことの大変さを改めて実感したと同時に、こんな僕でも掃除して奇麗になると感謝されることにやりがいを感じました」

     20年7月に「ピカピカ」を起業。清掃にビジネスチャンスを感じたという。

    「掃除ってどんな時代もなくならない仕事だと。特に業務用のエアコンはプロでないと掃除できないので専門性もあります。飲食店も考えましたが、やったことがなかったし、清掃業は初期費用が安い。軽バンと掃除道具さえあればできるのもポイントでした。起業は気合ですね、動かないと変わらないですから」

     今はどんな仕事を?

    「業務用エアコンの掃除から、家庭のエアコンやお風呂などなんでも。今田耕司さんや極楽とんぼの山本さんら芸人の方々も仕事を依頼してくださって応援していただいてます」

     東京、大阪、名古屋など全国5店舗と経営は順調そうだ。

    「支店は独立した後輩たちのフランチャイズ店です。今は入社した人が働ける場をつくる事業拡大の段階に入りつつあります」


    https://news.yahoo.co.jp/articles/92e012bb64735a5c315610d1f989baea2541948a


    【カラテカ入江慎也さん「ヤミ営業」問題で芸能界引退…経営する清掃会社は全国5店舗に】の続きを読む

    このページのトップヘ