おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    カテゴリ:芸能 > ミュージシャン


    布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年2月1日 - )は、日本のロックミュージシャン、ギタリスト。身長187cm、血液型はB型。 群馬県高崎市江木町出身。ロンドン在住。BOØWY時代のビーイング、Ø-con' nection、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2 CORPORATIONを経て、渡英後はDADA MUSICにしょぞく。同事務所のCEOも務める。


    (出典 encount.press)


    】布袋寅泰「やっとギターが握れます」左手親指ガングリオン切除手術を報告

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/11(金) 09:05:03.50 ID:CAP_USER9.net

    6/11(金) 8:47配信
    日刊スポーツ

    布袋寅泰

     英ロンドン在住のミュージシャン布袋寅泰(59)が、左手の親指にできたガングリオン(脂肪塊)の切除手術を受けたことを報告し、「これでやっとギターが握れます」とつづった。

     布袋は10日、インスタグラムを更新。

     「武道館ライブの直後から患っていた左親指付け根のガングリオン」と、今年1月に日本で開催したライブ後から悩まされていたことを明かし、「ロックダウンやレコーディングやワクチン接種などの事情により処置できずにいましたが、先ほど無事に手術終わり」と、左手の手術前後の写真をアップした。

     「これでやっとギターが握れます」と安堵(あんど)した様子。「さよならガングリオン。

     5ヶ月間、身体の一部だったと思うと名残惜しいような気もしたり」と複雑な思いを明かしつつ、「これから10年先までプレイできるよう、自分の身体を労わらなきゃね」とつづった。

    インスタ
    https://www.instagram.com/p/CP8FfbOgklt/?utm_medium=copy_link

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac384a58c993e634d2d8fdca83c1bc5d2e4c6841


    【【芸能】布袋寅泰 「やっとギターが握れます」左手親指ガングリオン切除手術を報告】の続きを読む


    ロブハルフォード(本名Robert John Arthur Halford 、1951年8月25日 - )は、イングランド出身のロックシンガー、ロックミュージシャン。身長180cm。 ヘヴィメタル・バンド「ジューダス・プリースト」のリードシンガーとして知られ、「メタル・ゴッド」という愛称でリスペクトされている。


    (出典 amassing2.sakura.ne.jp)


    ロブ・ハルフォード、ゲイであることをカミングアウトした経緯やゲイクラブでのフレディ・マーキュリーとの出会い等を語る

    1 幻の右 ★ :2021/06/08(火) 17:16:10.15

     ジューダス・プリースト(Judas Priest)のロブ・ハルフォード(Rob Halford)は、1998年のMTVインタビューで自身がゲイであることをカミングアウトしました。

     6月のプライド月間にあわせ、出演したApple Musicの番組の中で、カミングアウトの経緯、ゲイクラブでのフレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)との出会いなど、同性愛者としてのアイデンティティにまつわる様々な話題を語っています。

     自身のセクシュアリティを公表した瞬間について「とても美しかった」と語るロブは
    「予定外のことだった。ニューヨークのMTVで、素晴らしいギタリストのジョン5と一緒に取り組んでいた“Two”というプロジェクトについて話していたときのことだ。何気ない会話の中で、音楽の全体像や方向性、感情について話していた。俺は“ゲイとして言わせてもらえば”という趣旨のことを言うと、プロデューサーのクリップボードが床に跳ね返る音がした。“彼がカミングアウトしたんだ”という鋭い洞察力を感じた。それがきっかけだったんだ」

     「そして、ホテルに戻って自分の部屋に戻り、“これでみんなに知れ渡ったな”と思った。もちろん、ニュースでも取り上げられたが、それだけのことだった。ものすごく自由な感じで、プレッシャーはなくなり、もう陰口をきくこともなくなった。今、ゲイとして、ゲイであることを公表している人として、すべての力を持っているのだから、何も俺を傷つけることはできない。侮辱することも、噂することも、否定的なことを言うこともできない、なぜなら俺は俺だから」。

     さらにハルフォードは、LGBTQの支持者が多く、メタルにも傾倒しているレディー・ガガへの愛を改めて表明し、彼女と一緒に仕事をしたいと切実に思っていることを語りました。

     「俺の夢に出てくる女性はレディー・ガガかマドンナしかいないんだ、不思議だよね」「どちらとも一緒に仕事をしてみたいと思っているが、特にガガは何をしても表現力豊かだから。いつかは実現するかもしれない。俺にはわからない。ラ・ラ・ラだけでも、俺はいい」

     また、ハルフォードは、自身が公にカミングアウトするずっと前に、フレディ・マーキュリーとギリシャのミコノス島にあるゲイクラブで出会った時のことを思い出しています。

     「かなり小さなバーに入ったんだけど、すごく混んでいて、音楽をかけまくっていた。何人かの仲間と一緒に何杯か飲んでいると、隅の方にはフレディがいて、彼の仲間と一緒にいたんだ。俺は“まじか、フレディ・マーキュリーがいる”と思った。 そして、彼は俺に気づいてくれた。

     クラブにいるときは、潮の流れに逆らうようなもので、踊っている人がいたり、押し合ったりして、そこにたどり着けないんだよ。だから、俺たちはただ手を振って“元気かい?会えて嬉しいよ、電話してね”という感じだった。あの輝かしいアイコンに出会うことができたんだ」



    (出典 Youtube)


    2021/06/08 13:59
    https://amass.jp/147836/


    【【芸能】ロブ・ハルフォード ゲイであることをカミングアウト 経緯やゲイクラブでのフレディ・マーキュリーとの出会い語る】の続きを読む


    山下 穂尊(やました ほたか、1982年8月27日 - )は、日本のミュージシャン、作詞家、作曲家、ギタリスト。いきものがかりのギター(主にアコースティック・ギター)、ハーモニカを担当している。神奈川県海老名市出身。神奈川県立厚木高等学校、一浪を経て法政大学社会学部卒業。


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    いきものがかり山下穂尊が脱退&芸能界引退へ 水野良樹、吉岡聖恵がエール「これからもよろしく」

    1 muffin ★ :2021/06/02(水) 17:06:54.26 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2195351/full/

     結成22年を迎えた3人組グループ・いきものがかりの山下穂尊(Gt)が、今夏をめどに脱退することが2日、発表された。

     山下は表舞台に立つ芸能活動からは離れ、作曲や執筆などの創作活動をはじめとする新たな道に進む。3人でのラストライブは6月10・11日の横浜アリーナ公演2days。山下離脱後は、水野良樹(Gt)と吉岡聖恵(Vo)の2人で活動を継続する。

     いきものがかりは水野、吉岡、山下の3人連名の書面で「この度、いきものがかりのメンバー・山下穂尊が、2021年夏を目処にグループを離れることとなりました」と報告。

     「山下は、今後は表舞台に立つ芸能活動からは離れ、作曲や執筆などの創作活動をはじめとする新たな道に進み、いきものがかりは、水野良樹と吉岡聖恵の2人で活動を続けてまいります」と続けた。

     脱退の理由については「それぞれの人生の行く先を考える年齢になってきました。ひとりひとりが、どうこれからを生きていくのか。少しわがままかもしれませんが、自分自身に正直にならざるを得ない時期を迎えています。

     放牧(活動休止)をしてみたり、独立をしてみたり、紆余曲折の旅を続ける中で、音楽やグループに向ける気持ちが、山下と他の二人とで、少しずつ違うものになってきたことを感じていました」と説明。

     山下の中で「いきものがかりの活動や芸能の世界とは違う場所で、自分の人生を自由に模索してみたい。

     表舞台に立つ仕事とは違う道に進むことも幸せなのではないか」という思いが強くなっていったといい、「グループを離れたい」という意思を伝えられた水野、吉岡とも、かなり前の段階から何度かにわたって話し合ってきたという。

     コロナ禍で「話し合いの答えを出せないまま、区切りをつけるのが難しい日々」を経て、今春アルバムをリリースし、ようやくツアーを実現。

     改めて山下が脱退を申し入れ、「別々の道を歩むことも、それぞれの人生を前に進めるためにはありえる選択ではないか」と決断したという。

     メンバー3人もそれぞれコメントを発表。山下は「私、山下穂尊はこの夏をもってグループから離れ、表舞台に立つ芸能活動からは退く決断をいたしました」と改めて報告。

     「40代を目前に差しかかり、自分の人生を、経験を、これからどうして行くべきか。我儘とはもちろん理解していながら、話し合いを重ねて、メンバーそしてスタッフの皆さんも最後はあたたかく背中を押してくれるとの事でした。そちらも感謝しかありません。

     個人的なことですが、元々人前に出ることが苦手な性格の自分が、このように長きにわたって皆様に支えられながら歩いてこれたことには重ね重ね感謝しております」と伝えた。

     山下とは小学1年の頃からの幼なじみでもあるリーダーの水野は「6歳のときに出会って、友達になって、メンバーになって。18歳のときに近所の公民館のベンチで穂尊と「こんなことできたらいいよなぁ」って企んだことは、ほぼぜんぶ叶って。

     今、38歳になって、振り返れば「楽しかったな」と言えてるんだから、俺たちは幸せだったんじゃないかなと思います」としみじみ。「最高だったよな、ほんとに。信じられないよ。これから、久しぶりに俺らは別々のことをするんだから、精一杯楽しもう。ありがとう。これからもよろしく」と背中を押した。

     吉岡も「今回の山下の決心は、“山下穂尊が、より山下穂尊らしく”、より自由に生きていくための選択だと思っています。

     彼は表舞台からは退く決断をしましたが、昔から時間があればバックパッカーとして海外に旅に出たり、アウトドアの世界に没頭したり、音楽だけでなく様々な分野に興味を持ってきた多才な人間です。

     そんな彼の世界が、これからさらに大きく豊かに広がっていくことを信じていますし、これからも互いに切磋琢磨し、エールを送り合える仲間でいたいと思います」と伝えた。

     現体制ラストライブについては「6月10日(木)・11日(金)開催の横浜アリーナでの公演が、3人のいきものがかりとして行う最後のライブとなります。
    全文はソースをご覧ください


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【音楽】いきものがかり・山下穂尊 脱退&芸能界引退 水野良樹、吉岡聖恵がエール 】の続きを読む


    桜井 和寿(さくらい かずとし、1970年〈昭和45年〉3月8日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター。バンド、「Mr.Children」のボーカリスト兼ギタリストである。本名(出生名)は櫻井 和寿(さくらい かずとし)。 東京都練馬区出身。アマチュア時代から一貫してMr.Childrenの楽曲のほぼ全ての作詞、作曲を手掛けている。Bank Band(櫻井和寿名義、2017年からはコンセプトを変更した「Reborn-Art Session」名義としても活動)のボーカル・ギター、ウカスカジーのボーカルとしても活動している。             


    (出典 geitopi.com)


    ミスチル桜井、声帯手術を受けていた 「思い切ってやっちゃいましたね」 B’z稲葉との対談で公表   

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/05/16(日) 12:22:37.42

    声帯ポリープではないとのこと。

    ロックバンド「Mr.Children」の桜井和寿さんが、5月14日に公開された「B'z」の稲葉浩志さんとの対談動画に出演。過去に声帯の手術を受けたと明かしました。

    (出典 Youtube)


     稲葉さんの公式サイト「en-zine」の特別企画で初めて対談した2人は、同じボーカリストとしてライブ中における喉のケア方法や、ボイストレーニングにかんする話を展開。

     「加齢に伴う声質変化」の話題に続けて、桜井さんは“医師の提案を受けた”と手術のことを話しています。

     2002年に小脳梗塞を患った経験から、血栓の発生を防ぐ薬を服用しながら歌っていたため、桜井さんの喉は「ずっと内出血している状態だった」とのこと。

     発声に違和感を覚えたので医師と相談した結果、薬の服用を止め、声帯の硬くなっている部分をレーザーで焼いたと手術のいきさつを明かしています。なお、桜井さんの説明によると「硬くなった部分」は声帯ポリープではないとのことです 
     
     “声帯が硬い状態での発声方法”が身に付いていたため、ライブツアーで歌えるまでに1年ほど要したという桜井さん。

     リハビリ期間の様子を説明しながら、「僕はもう思い切ってやっちゃいましたね」と語る桜井さんに稲葉さんは「やりたい気持ちはすごくわかりますね」と手術を受けたことに共感しています。


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2105/15/news048.html
    2021年05月15日 18時14分 公開

    (出典 Youtube)

    Mr.Children 車の中でかくれてキスをしよう


    【【芸能】ミスチル桜井 声帯手術を受けていた B′z稲葉との対談で公表 】の続きを読む

    BARAKAの(左から)依知川伸一、平石正樹、高見一生
    © デイリースポーツ BARAKAの(左から)依知川伸一、平石正樹、高見一生

    BARAKA 1997年に結成されたギタートリオ。ロック、ブルース、ファンク、ジャズ等様々な要素を基に、ペダルシンセを使い、”情景”や”心象”をインストゥルメンタルで表現している。結成から23年、ライブは630本を超え、ベスト・アルバムを含む16枚のアルバムをリリース。7枚目『BARAKA Ⅶ』からフランス・ムゼアレコードと契約、世界発売となる。

     1997年に結成されたプログレッシブ・ロック・トリオ「BARAKA」が今年、メジャーデビューアルバム「MAVERICK」をユニバーサルからリリースした。苦節24年、ついにメジャーデビューを果たしたバンドから、ベース、ボーカル、ペダルシンセサイザー担当の依知川伸一(60)が来し方行く末を語るインタビュー、その後編はバンドの歴史について。

      ◇  ◇

     結成のきっかけは、3月に急逝した大物ドラマー、村上“ポンタ”秀一さんだ。ポンタさんが「すんげえ面白いギター見つけたから一緒にバンドやるぞ!」と依知川に紹介したのがギター、ギターシンセサイザーの高見一生(56)だった。

     「確かにすごいギタリストで、これは面白いものができるぞ」と思った依知川は「学生時代からずっと一緒」のドラムス・平石正樹(58)を誘ってスタジオに入ったところ、「最初の演奏から展望がすごく見えた」ため、「世界で活動するバンド」を目標に立てて活動開始。仏レーベルからのリリースが始まると共に「ヨーロッパとか世界で活動していく」ため、インストがメインになった。

     「ヨーロッパとかアメリカってインストのシーンもしっかりあって、チャートもいくつもあって、それぞれ独立してマーケットがある。それを毎年行ってると感じまして」

     「もし海外に出てなかったら、これだけ続けられていたかどうか分からない」と言うように、海外からは引っ張りだこだ。イタリア、スペイン、ドイツ、ベルギー、オーストリア、ハンガリー、チェコ、リトアニア、米国、カナダ、インドネシア、韓国、タイなどをフェスやツアーで訪れ、今年も仏領ギアナで新しく立ち上がるフェスからオファーが来ているという。

     2000年にロンドンに行ったのが最初で、続けてフランスのフェス関係者に音を聴かせたところ、招へいされた。フェスには世界各国からさまざまなバンドが集まっており、「彼らが自国に帰って、このフェスがあるからって誘ってもらったり、世界中のバンドの友達がたくさん増えていったんで、少しずつ名前が広まっていって色んなフェスから声を掛けてもらえるように」なったという。

     「僕たちは20分とか30分の曲があるわけで、日本だったら初めて聴く人にはなんだこれ?って顔されることが多いけど、ヨーロッパっておじいちゃんおばあちゃんとか子供が最初に並んでいて最後まで見て、TシャツとCD買って帰ってくれて。すごいな、音楽に対する耐性、血に入ってるものが違うのかなって感じました」

     18、19年には米国からメキシコをクルーズする豪華客船で開催されるプログレフェス「クルーズ・トゥ・ジ・エッジ」に出演。ヘッドライナーを務めた大物バンドであるイエスやフォーカスが、BARAKAのライブを訪れたという。

     「イエスとかフォーカスのメンバーが見に来てくれている、その絵がね…。普通に『良かったよ』っていう話ができて、やって来たことに間違いはなかったんだなって。同じ舞台でできることになったのは、長年きちんと続けてきて良かったなと思いました」

     そんな海外での評価とは裏腹に、国内では知る人ぞ知る存在だけに、国内メジャーデビューは知名度を上げる好機だ。「ちゃんとしたもの、はやり廃りもないものをしっかりと作っている自信もありますし、あとは僕たちという存在を知ってもらうことが一番の課題」と自覚している。

     「シーンがある種(Jポップという)1つしかない日本でやっていくことの難しさを痛感しながら、でも自分たちの音楽を信じているので。フランスとかスペインでやって、お客さんが喜んでくれるのを身をもって体験していますので、バンドの音を知ってほしい。ホントに勝負できるバンドで今はできてるなって感じがするので、今までの悔しい気持ちを持ちつつ、やり切るぞっていう思いでやっています」

     4月で還暦を迎えた依知川、そしてBARAKAは、静かに燃えている。(終わり)

    結成24年でメジャーデビューのBARAKA、海外からはオファー殺到(後編) (msn.com)

    このページのトップヘ