おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    カテゴリ:芸能 > シンガーソングライター

    SEKAI NO OWARI・Fukase
    © デイリースポーツ SEKAI NO OWARI・Fukase
    Fukase(ふかせ、1985年10月13日 - )は、日本のシンガーソングライター、ボーカリスト、ギタリスト、俳優。本名は深瀬 智(ふかせ さとし)で、旧称は深瀬 慧。SEKAI NO OWARIのメンバー。東京都大田区出身。


     ロックバンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseが6日、フジテレビ系「ボクらの時代」に出演し、医師になることを断念した経験を語った。

     この日は歌舞伎俳優・中村獅童、俳優・菅田将暉とのトーク。3人は映画「キャラクター」(11日公開)で共演している。

     菅田から音楽の道に進むきっかけを尋ねられたFukaseは、「もともと医者になりたかったんですよ。けっこう重めの閉鎖病棟に入ってたんで。入院してて、長い闘病生活をしてた」と告白。

     「病気を克服したら、そういう人たちを担当する医者になりたい」と考えていたという。

     闘病しながら受験勉強をしたが、思いとは裏腹に「中卒が医者になる道のりが、登れば登るほど遠すぎて」挫折。

     当時、仲の良かった友人たちが「『バンドを組んであげないと、この人お先真っ暗すぎる』と情けで組んでくれた」のがセカオワの始まりだったと明かした。

    Fukase、閉鎖病棟入院の過去告白 夢挫折し友人が同情してセカオワ結成 (msn.com)



    マイケル・ジャクソンは「めんどくさい先輩みたい」元専属料理人が意外な素顔を激白!
    © tv asahi All rights reserved. マイケル・ジャクソンは「めんどくさい先輩みたい」元専属料理人が意外な素顔を激白!

    マイケル・ジョセフ・ジャクソン
    (Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 - 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター、ダンサー。史上最も成功したエンターテイナーであり、一般的に「キング・オブ・ポップ」と称されている。 20世紀以降のポピュラー音楽に多大なる影響を与えた人物の一人である。全世界で3億枚から3億5,000万枚の音楽作品を売り上げており、ビートルズやエルヴィス・プレスリーに次いで史上最も売れた音楽家として名を連ねている。また、これまでに13のグラミー賞(ノミネートは38回) を含む750以上の賞を受賞しており、史上最も多くの賞を受賞したアーティストとしてギネス世界記録に認定されている。


     “激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

     5月31日(月)の放送では、V6の三宅健とホラン千秋をゲストに迎え、「まったくマイケル・ジャクソンに興味ないのに嫌々専属シェフをやったら、マイケルにどハマりしちゃった人」ことタカヤさんを紹介する。

     もともとはホテルの総料理長をしていた凄腕の料理人・タカヤさんは、ある日ひょんなことから、あのマイケル・ジャクソンの専属料理人を務めることになった経験の持ち主。

     それは今から34年前のこと。人気絶頂のマイケルが世界ツアーで初来日することになり、日本中がマイケルフィーバーに湧く一方、アメリカ人の専属シェフがクビになるという事件が起きていた。

     解雇されたシェフは夜遊びしすぎて風邪をひき、マイケルにうつしてしまったのだ。その結果、大阪公演が中止に。残された東京公演までおよそ2週間。急遽マイケル専属シェフオーディションが開催されることになる。

     しかし、あまりにもビッグネームすぎるのでオープンに探すことが出来ず、マイケルサイドの知り合いのツテで、当時軽井沢のホテルで総料理長をしていたタカヤさんに白羽の矢が立ったのだ。

     料理人として千載一遇のチャンスながら、まったく乗り気でなかったと振り返るタカヤさん。その理由とは…。

     面接でもあえて、とんでもない発言をして落ちる気満々だったが、なぜか合格。そのままライブツアーへの同行が決まる。

     こうして体調の悪いマイケルのために料理を作ることになったったタカヤさんだったが、それは問題が山積みの大変なミッションだった。

     ひとつめの問題は、マイケルの好物がわからないということ。スタッフたちはマイケルが食べる姿を誰も見たことがないので知らなかったのだ。

    さらに、超小食で一皿一口しか食べないという一面もタカヤさんを悩ませることに。

     そんな困難の中、どんな料理をつくってマイケルを元気にさせたのか? 当時を振り返りながら、タカヤさんは間近で接した”素顔のマイケル・ジャクソン”について、驚きの秘話も告白。

    マイケル・ジャクソンは「めんどくさい先輩みたい」元専属料理人が意外な素顔を激白! (msn.com)



    宮本 浩次(みやもと ひろじ、1966年6月12日 - )は、日本のロックミュージシャン、シンガーソングライター、元童謡歌手。ロックバンド・エレファントカシマシのボーカリストおよびギタリスト、音楽プロデューサー。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。


    (出典 news.j-wave.co.jp)


    エレファントカシマシ・宮本浩次  妙齢美女との下町ミステリアス同棲  

    1 ひかり ★ :2021/05/28(金) 11:41:04.95

     下町情緒溢(あふ)れる、都内の静かな住宅街。出勤する人波が落ち着いた朝10時ごろ、立ち並ぶマンションのひとつから、痩身の男性が現れた。無造作に伸びた長い髪に、黒のダブルスーツ。大きな革のバッグを持っている。ロックバンド『エレファントカシマシ』のボーカル、宮本浩次(ひろじ)(54)である。

     宮本浩次、通称「ミヤジ」は、地下鉄で一駅分の距離を移動し、小さな音楽スタジオの中へと入っていく。ここが彼の活動の拠点らしい。この日はそのままスタジオに籠もり、日付が変わっても姿を現すことはなかった。

     本誌が見た限り、ミヤジの私生活は、自宅マンションとスタジオの往復で、まさに仕事漬け状態。一方で移動手段は地下鉄、徒歩、そしてこだわりの愛車・ポルシェと多様である。

     「宮本さんは33歳で運転免許を取得してから、ポルシェにしか乗ったことがないという無類の愛好家。今現在もビンテージものの黄色い『914』と、普段使い用の白い『ボクスター・スパイダー』の少なくとも2台を所有していると聞いています」(音楽業界関係者)

     都内で真っ白な愛車を乗り回すミヤジは、ミュージックビデオの世界から飛び出してきたかのようにカッコよくキマっている――のだが、ときにはオチャメな一面も見せる。

     夕方にフラリと自宅から出かけたミヤジ。この日は時間に余裕があったのか、クルマには乗らず、のんびりと風景を楽しむかのように散歩を始めた。すると、歩道脇の植え込みに野良猫の姿が。猫を見つけた彼はその場にしゃがみ込み、何やら語りかけ始めた。猫とミヤジの語らいは数分間続いた。

    ◆同居する美女の存在

     ストイックで、ちょっと変わり者で、ロックな独身男。そんなミヤジのミステリアスな私生活を陰で支えている女性がいるという。

     「今年の春頃に、二人でいるところをよく見かけましたよ。レザージャケットやブーツを履(は)きこなしていて、何か音楽関係の仕事をしている人なのかと思っていました。彼女は毎日のようにスーパーへ出かけて行って、エコバッグがいっぱいになるまで飲み物や食料品なんかを買っています。宮本さんの運転で買い物へ出かけて、マンションへ帰って来るところを見たこともあります」(近隣住民)

     その言葉通り、本誌は二人が同じ部屋へ帰宅する姿を何度も確認している。彼女が先に自宅に戻り、深夜までスタジオで作業に没頭するカレの帰りを待つ日もあった。

      また別の日。大雨が降り、時折、雷も轟(とどろ)くほどの悪天候の夜のことだ。ミヤジは愛車のポルシェの助手席に彼女を乗せると、豪雨のなか、横浜方面へと車を走らせた。どしゃ降りの夜のドライブデートを終え、二人が自宅マンションへ戻ってきたのは夜11時頃だった。この妙齢の美女はいったい何者なのか――。

     「一般の女性だと聞いています。宮本さんは一度仕事を始めると、時間を忘れて音楽に集中してしまうタイプ。ときには食事すらまともに取らないこともあります。そんな彼のために、彼女は生活用品の買い物や家事などをしてサポートしているのです」(別の音楽業界関係者)

     本誌は21年前に、彼の初ロマンスをスクープしている。『今宵の月のように』が大ヒットして一躍トップアーティストの仲間入りを果たした33歳のミヤジは、同い年で女優の江角マキコの自宅へ毎夜通っていた。

     「江角と別れた後、宮本には資金管理を任せるほど信頼する女性がいましたが、全財産を持ち逃げされてしまったとテレビ番組の中で告白しています。いずれも15年以上前の話で、それ以来、恋のウワサはまったくありませんでしたが、良いパートナーと出会ったということなのでしょう」(音楽雑誌関係者)

     昨年11月にはソロ名義でカバーアルバムをリリースし、5月にはコロナ禍でもフェスに出演するなど、精力的に活動するミヤジ。50代半ばにして彼がここまで頑張れるのは、ひっそりと「オレの宝物」を見つけていたからに違いない。

     発売中のフライデー本誌では、同棲先のマンションから出かける彼女や宮本の姿などを掲載している。
    FRIDAYデジタル

    https://news.yahoo.co.jp/articles/065b12c8f7823cb36dababffa942663e1239ca8b


    (出典 res.cloudinary.com)


    【【芸能】エレファントカシマシ・宮本浩次 妙齢美女との下町ミステリアス同棲 】の続きを読む


    星野 源(ほしの げん、1981年1月28日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優。埼玉県出身。 インストゥルメンタルバンド・SAKEROCK(2015年に解散)のリーダーとして、主にギターとマリンバを担当していたほか、エッセイストやコラムニストとしての顔も持ち、複数の連載や刊行物を著している。 所属事務所はアミューズ(音楽業)、大人計画(俳優業)。所属レーベルはビクターエンターテイメント内のSPEEDSTAR RECORDS。               


    (出典 i.daily.jp)


    星野源の結婚に婚活女子が悲鳴! 「星野源は普通の男の代名詞だった。これからは、理想の男の代名詞に変わるかも」

    1 jinjin ★ :2021/05/28(金) 23:32:42.98 ID:CAP_USER9.net

    星野源の結婚に婚活女子が悲鳴!
    “普通の男”の定義が書き換えられる 
     
      歌手で俳優の星野源と同じく俳優の新垣結衣が5月19日、所属事務所を通じて結婚を発表。
    2人は2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演していたことから、〝逃げ恥婚〟と大きな話題になっている。

      世間の興奮も覚めやらぬ中、一夜明け、婚活女子の間で〝普通の男性=星野源〟説を見直す動きが加速している。
    一体、どういうことなのか? 
     
      「昨今の婚活女子の間では、背伸びをせず〝普通の男性〟をターゲットにする動きが主流となっています。

     普通の男性の定義は、身長165センチ以上、体重60~80キロ、ジム通いをしていて鼻毛が出ていない、ヒゲ・爪が整っているなど清潔感がある、また、学歴は日東駒専以上で、都内在住であれば年収500万円以上、地方在住であれば銀行や大手企業か公務員というものです。そのイメージに該当する芸能人がまさに星野だったんです。

      細部を見れば突っ込みどころ満載の条件なのですが、その象徴である星野が、あのガッキーと結婚したのですから、婚活女子に求められるスペックが一気に跳ね上がったのは言うまでもありません。

     2人の結婚は、婚活女子にとってかなりショックな出来事といっていいでしょう」(結婚情報誌ライター) 
     
    星野源の“再評価理由”に納得の声

    これまでモテる理由が疑問視されていた星野が新垣を射止めたことに、ネット上では

    《これまで星野源は普通の男の代名詞だった。これからは、理想の男の代名詞に変わるかもしれないね。だって相手はあのガッキーだよ?》

    《星野さんは知的で思慮深いし、芸能人にならず会社員になっていたとしても、上手くやって出世してくタイプだと思う》

    《「星野源全然かっこよくないのになんでガッキーは結婚した」と父親が言っているけど、星野源、普通にかっこいいと思う。そもそも才能もあるしお金だって持ってるだろうし》

    《こういう安全パイな感じの人が一番モテるんだよね。星野源を普通の男といってた女性は、彼がガッキーと結婚した事で目を覚まして頂きたい》

    《前にバラエティーかなんかで、好きになったら自分からガンガン行く。その分たくさん振られているとも仰っていたな。そういうことを隠さず、あまり着飾らないところが魅力的なんだろうね》

    などといった声が寄せられている。 
     
     確かに世間のイメージでは星野源はバリバリのイケメンではないが、連ドラの主役を務め、歌を歌えば紅白出場、ラジオでは抜群のトーク力を発揮し、おまけにエッセイまで出版しているという万能ぶり。
    冷静に考えれば完全に〝アッパークラス〟なのではないだろうか。 
     
     婚活女子の次の〝普通の男性〟が一体誰になるのか。
    もう少しリアリティーのある条件にしなければ、ただの〝高望み〟といわれてしまうかもしれない…。


    https://myjitsu.jp/archives/281686


    【【芸能】星野源の結婚に婚活女子が悲鳴! 「星野源は普通の男の代名詞だった。今後は、理想の男の代名詞になるかも」  】の続きを読む


    星野 源(ほしの げん、1981年1月28日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優。埼玉県出身。 インストゥルメンタルバンド・SAKEROCK(2015年に解散)のリーダーとして、主にギターとマリンバを担当していたほか、エッセイストやコラムニストとしての顔も持ち、複数の連載や刊行物を著している。 所属事務所はアミューズ(音楽業)、大人計画(俳優業)。所属レーベルはビクターエンターテイメント内のSPEEDSTAR RECORDS。             


    (出典 wezz-y.com)


    星野源 “モテないメガネ君” が新垣結衣を…「何でもいいから売れたい!」の “若僧” 時代

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/25(火) 08:08:39.13

    5/25(火) 6:10
    SmartFLASH

     星野源 “モテないメガネ君” が新垣結衣を…「何でもいいから売れたい!」の “若僧” 時代
    2017年、「第41回エランドール賞」授賞式で、星野は「(『逃げ恥』の現場は)本当に家族みたい」と言及(写真:時事通信)

     「5月19日は大安に加えて、“何を始めるにしても縁起がいい” といわれる『一粒万倍日』でした。だから、2人はこの日に発表したんです。しかし、この結婚発表は所属事務所内でもほんの数人しか知らない “トップシークレット” でした」(テレビ局関係者)

     日本中が「まるでドラマのよう……」と思った、新垣結衣(32)と星野源(40)の電撃婚。もちろん馴れ初めは、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での共演だった。

     2021年1月に、同作の続編として放送されたスペシャルドラマの撮影で再会してから、2人の距離は急接近していったという。ドラマ制作関係者は、その現場をこう振り返る。

     「今となっては、『やっぱり、つき合ってたんだ!』と思います。ドラマの撮影中に、新垣さんと星野さんが一緒の現場で、新垣さんのほうが早く撮り終わったことがあったんです。

     お2人ともお忙しいので、現場を離れて早く体を休めたいのが普通だと思うのですが、新垣さんは星野さんが残りのシーンを終えるまで現場に残っていたんです。

     撮影では、たびたびそういったことがありましたし、お2人とも『この現場に来ると落ち着くよね』と話していました」

    『逃げ恥』の劇中で、星野が演じた津崎平匡は、当初「プロの独身」を自称していた。

     「平匡とはタイプが違うが、星野さんはかつてラジオで『AV好き』を公言するなど、“独身貴族” を貫き通す人だと思っていました」(芸能ライター)

     その期待を裏切り、国民的女優という “大金星” を射止めた星野だが、昔から爽やかな二枚目だったわけではない。

     「もともと内向的な性格で、中学時代は周囲から見ても目立たない “メガネ君” という感じ。高校に進学したあとも『彼女はいなかった』と話していました」(同級生) 
     
    だが、音楽活動にのめり込んでいくうちに、彼の性格にも変化がーー。

     「20歳ごろの源君はギラギラしていて、酔うと『俺には絶対に売れる才能がある。音楽でも、俳優でも、作家でもなんでもいいからとにかく早く売れたい』と、熱く語っていました。当時はモテるというか “人たらし” という感じで、源君に頼まれてバンド活動を手伝うファンが何人もいたんです」(バンド時代の関係者)

     まだ『逃げ恥』に出始めたころは、「新垣さんにも、お調子者を窺わせる、歯の浮くようなトークをしていた」(芸能関係者)という星野だが、放送終了後は “AVトーク” も影を潜め、男として落ち着きを見せていた。『逃げ恥』では、新垣と “本当の夫婦” になり、ついには育児まで経験した。

    「インタビューでも、結婚観や理想の父親像について答えるようになっていました」(前出・芸能ライター)

     新垣は結婚発表と同時に、今後は個人として活動することを発表した。2021年、結婚し芸能界引退を宣言した夏目三久(36)を引き合いに出して、「新垣さんも同様に、結婚や子作りを機に、芸能活動をセーブするつもりなのでは」(芸能記者)といった見方もある。これに対し、前出のテレビ局関係者はこう話す。

     「一部で『結婚のタイミングで独立』と報じられましたが、所属事務所とは新たに契約を結び直しています。新垣さんも30歳を過ぎたころから、一社会人として自立した形で芸能活動に取り組みたいと考えていたそうです。そこで、より本人の意向を汲んで仕事を進められるような契約内容となったようです」

     そうとなれば、まだ当分はテレビなどでガッキーを見ることができるのだろうか?

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    【写真あり】星野源「彼女はいなかった」“モテないメガネくん”の学生時代

    (出典 data.smart-flash.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/517dc59c053dacdca0ec7e5c25fcbb86ec604acc


    【【芸能】星野源 "モテないメガネ君" が新垣結衣を 「何でもいいから売れたい」の "若僧" 時代】の続きを読む

    このページのトップヘ