おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    カテゴリ:芸能 > 映画



     『トップガン』続編、北米で今年最大のヒット!マーベル抜き

     トム・クルーズ主演作『トップガン』の36年ぶりとなる続編『トップガン マーヴェリック』の勢いが止まらない。

     北米における累計興収が公開18日目となる現地時間13日に4億183万1,621ドル(約522億円)に到達し、マーベル映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(累計興収3億9,876万4,194ドル・約518億円)を抜いて2022年公開作で最大のヒット作となった。(数字は Box Office Mojo調べ、1ドル130円計算)

     コロナ禍での公開作としても、昨年12月に公開された『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(累計興収8億477万7,667ドル・約1,046億円)に次いで2位の大ヒットとなっている。

     アメリカの大手映画批評サイト「ロッテントマト」で批評家からの支持率97%(6月15日時点)を記録し、実際に映画を観た観客による「シネマスコア」はA+という最高評価を獲得するなど絶賛評に支えられ、公開3週目に入った現在も順調に興収を伸ばしている。

     中国とロシアでは公開されていないものの海外興収(=北米以外)も3億5,370万ドル(約460億円)を上げるなど好調で、世界興収は7億5,553万1,621ドル(約982億円)に達している。世界興収10億ドル(約1,300億円)突破も射程圏内に入ってきており、トム主演作の世界興収ランキング1位である2018年公開の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(世界興収791,115,104・約1028億円)を抜くのも時間の問題だ。

     『トップガン マーヴェリック』はもともと2020年夏に公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で幾度も公開延期に。ストリーミング配信にシフトする映画が多数出たなか、プロデューサーでもあるトムは観客が同作を劇場で体感できる時期を待ち続け、日本を含む世界を周るプロモーションツアーをした上で満を持して公開に至った。(編集部・市川遥)


    『トップガン』続編、北米で今年最大のヒット!マーベル抜き (msn.com)

    トム・クルーズ(左)と織田裕二(東スポWeb)

    「トップガン」続編の超ヒットで…思い出される織田裕二主演 32年前の “黒歴史” 映画

     先月27日に日米で同時公開された、トム・クルーズ(59)の代表作の続編「トップガン マーヴェリック」の興行収入の勢いがすさまじい。

     北米では前月27~29日で1億2400万ドル(約159億円)を叩き出し、トムの主演作としては史上最高のスタートを記録した。日本でも、土日2日間で観客動員52万5000人、興行収入8億2500万円のロケットスタート。公開初日から3日間の累計では、動員74万7000人、興収11億5800万円の大ヒットとなっている。

     「トムと同世代に近い映画ファンが客層の中心になっています。青春時代に夢中になった作品が、36年ぶりによみがえるわけですから、見たくもなりますよね。前作の続きのようなシーンに涙するファンも多く、大ヒットするのも当然でしょう」(映画ライター)

     そんな傑作映画となった「トップガンシリーズ」とは打って変わって、過去〝爆死〟したのが〝日本版トップガン〟として製作された織田裕二主演の「BEST GUY」(1990年公開)だ。航空自衛隊の全面協力の下、航空自衛隊千歳基地を舞台に、パイロットに与えられる最高の栄誉「BEST GUY」の座を賭けて、特別強化訓練に臨むパイロットたちの姿を描いているのだが…。

     「アクションシーンはかなりリアリティーがあり、『トップガン』をオマージュするようなシーンもいくつかありましたが、興行収入は振るいませんでした。自衛隊の実機は迫力があっても、ソ連の戦闘機が特撮だったので、観客はガッカリ。それ以来、織田にとってすっかり〝黒歴史〟になってしまいましたね」(芸能関係者)

     2022年のナンバーワンヒット作の呼び声も高い「トップガン マーヴェリック」だが、織田の胸中はいかに――。


    「トップガン」続編の超ヒットで…思い出される織田裕二主演 32年前の “黒歴史” 映画 (msn.com)


     

    製作過程も凄すぎる! 映画「トラック野郎」9作目「熱風5000キロ」仕様を再現! 一番星号のクオリティに驚きを隠せない!(画像提供:冬の下北はぐれ鳥 )

     「一番星号」に驚愕! 希少性高い「熱風5000キロ」仕様とは

    根気と熱意と運によって製作された一番星

     1975年から1979年に放映された映画「トラック野郎」シリーズは、幅広い世代に人気の作品のひとつです。トラックドライバーである主人公・星桃次郎を中心に仲間たちのアツく愉快な人情物語が繰り広げられます。

     そんな主人公の愛車「一番星号」を個人で再現した車両が存在します。どのような経緯で製作され、大変だった部分とはどのようなことなのでしょうか。

     製作過程も凄すぎる! 映画「トラック野郎」9作目「熱風5000キロ」仕様を再現! 一番星号のクオリティに驚きを隠せない!(画像提供:冬の下北はぐれ鳥 )

     桃次郎の相棒となる一番星号は、トラック野郎のファンからも熱烈な人気を誇ります。

    【画像】完全再現された「一番星号」! ド派手なデコトラ、超希少パーツ満載の激レア仕様の実車を見る(24枚)

     一番星号は、シリーズによって仕様が違う部分もありますが、個人で再現した車両が存在します。

     この車両は、シリーズ9作品目である「熱風5000キロ」仕様に加飾を施し、忠実に再現したものでオーナーの齋藤氏が製作したました。

     キャビンのルーフ上に設置されている箱型の部分(フロントデッキ)には、きらびやかなパーツとともに「一番星」の文字が存在を主張。フロントガラスの下の部分にはブルーやゴールドの加飾が施され「度胸」「一番」と気合の入る2文字が記されています。

     前方バンパーはシルバーがベースで、形こそ派手ではありませんが、大きなインパクトを与える「御意見無用」の文字が記されています。

     側面には、豪快なトビウオのイラストとともに、右側に「日本列島ひとり旅」、左側には「一番星 桃次郎」の文字が描かれています。

     リアの扉絵には「俺の車にバックギアは無い」と書かれており、一番星号のシブさが強調されています。

     オーナーの齋藤氏は一番星号の製作理由について「トラック野郎が好きで、ずっと一番星号に乗りたいと考えていました。そこで『乗りたいなら作ってしまおう!』と思い立ち、再現車両の製作を決めました」といいます。

     ベース車両は、埼玉県に店を構える埼玉ボデーから購入し、加飾は群馬県伊勢崎市でボデー屋を営んでいたダイヤ工業に依頼したそうです。

     なお、内装の製作には、イベントで知り合った同じ趣味の仲間が加わったり、車内のふすまは齋藤氏の同級生が手掛けたりと、多くの人の協力を得たといいます。

     そんな一番星号の製作で、齋藤氏がもっとも大変だったと話すのが「パーツ集め」です。

     齋藤氏が再現車両を製作したのは、現在から約15年ほど前。再現車両には、基本的に劇中の一番星号と同様のパーツが活用されていますが、現在のように某オークションサイトやネット通販が発達していなかった当時は、パーツひとつ探すのにもかなりの労力を費やしたそうです。

    「『どのメーカーのパーツなのか』といった段階からパーツ探しをはじめ、ありとあらゆるショップに足を運びました。

     一番星号には同様のパーツが複数使用されている箇所があるので、ひとつのパーツを見つけたら、それを持参してまた別のショップへ行き、同じパーツが無いか聞いて…。

     ほかのパーツについても写真を持ってショップをめぐり、1件1件に在庫の確認をしました。これがかなり大変でしたよ」(齋藤氏)

     どうしても見つからないパーツに関しては、類似したパーツを用いてオリジナルで製作することもあったそうですが、「とにかく劇中車両に忠実に」と、かなり似せるように工夫されています。

     また、トラックの後方を確認する大型バックモニターも、旧型のものにこだわり、「新しいのを代わりに購入して差し上げるので…」と、友人のツテで見つけた病院のレントゲン車から譲り受けたそうです。

    「パーツ集め」は根気…「職人探し」は熱意? 完全再現の道のりは長かった?

     なお、再現車両に使用されているパーツ類は、現在かなり希少価値が高騰しており、某オークションサイトなどで高額で取引されている様子が見られます。

     このように、大変だったパーツ探しですが、齋藤氏は「友人のツテで見つけられたり、ひとつのパーツから次々欲しいパーツが見つかったり、ときにはショップの倉庫から偶然発掘されたこともありました。結果として忠実な再現車両を製作できたので、本当にタイミングや運が良かったと思います」と話します。

     また、齋藤氏によると「職人探し」も大変だったそうです。パーツが集まっていても、それを取り付けたり、加工したりするためには専門の技術が必要です。当時、そうした技術を持つ職人探しがやや難航したといいます。

     とくに、デコトラ特有のきらびやかなライティングの製作を担うネオン屋を探すのが大変だったそうで「面倒だ」「そんな派手なものはちょっと…」と断られることもあったそうです。

    パーツ集めには苦労する!? オーナーの熱き想いとは(画像提供:冬の下北はぐれ鳥 )

     そのうち、ひとつのネオン屋に齋藤氏の熱意が伝わり、数回の依頼を経てやっと製作を引き受けてくれたといいます。

     このように、齋藤氏の一番星号には、同氏の熱い想いに加え、一緒に完成させようと尽力した友人や周囲の人々の想いも込められています。単に完成度が高いだけでなく、そうした人々の想いも背負った1台となっているのです。

    ※ ※ ※

     齋藤氏は、再現車両を街乗りなどには使用しておらず、基本的にはイベントなどへの展示にのみ活用しています。

     例外的な公道走行時や車検時などには、一部のパーツを取り外す必要があるそうで、蝶ネジで簡単に取り外しできるよう設置を工夫しているといいます。


    史上最強の「伝説のデコトラ」を完全再現! ド迫力「加飾」の「一番星号」に驚愕! 希少性高い「熱風5000キロ」仕様とは (msn.com)

    その瞬間、ロックが生まれた! 映画『エルヴィス』熱狂のライブシーン解禁


     その瞬間、ロックが生まれた! 映画『エルヴィス』熱狂のライブシーン解禁

     バズ・ラーマン監督がメガホンをとるエルヴィス・プレスリー伝記映画『エルヴィス』より、無名だった若き日のエルヴィスが“スーパースター”になる瞬間を描く、興奮と熱狂のライブシーンが解禁された。

     “ロック”を創り世界史上最も売れたソロアーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。本作は、そんなエルヴィスの<誰も知らなかった>真実の物語を、『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が映画化したミュージック・エンタテインメント。数々の逆境を打ち破り世界を変えていくエルヴィスの生き様が、多くの伝説的なライブとともに描かれる。第75回カンヌ国際映画祭アウトオブコンペ部門への出品が決定している。

     若い無名の歌手だった頃から時代を背負うアイコンになるまでのエルヴィス役に抜てきされたのは、新星オースティン・バトラー。ほぼ全編にわたり、吹き替え無しで本人になりきり歌唱とダンスを披露している。若き日のエルヴィスの才能をいち早く見つけ、生涯にわたりエルヴィスのマネージャーを務めた強欲で悪名高いトム・パーカー役を演じるのは、二度のアカデミー賞受賞歴を誇るトム・ハンクス。

     今回解禁されたのは、無名だった若き日のエルヴィスが“スーパースター”になる瞬間を描く、興奮と熱狂のライブシーン。バンドメンバーと共に自分たちで車を運転し、地方巡業を行いながら徐々に知名度を上げていったエルヴィスが、当時のアメリカで主流だったカントリー音楽の世界で最も敬意を寄せられている公開ライブ放送のラジオ番組のひとつ“ルイジアナ・ヘイライド”に出演するチャンスを掴み、そのステージに出演したときの様子が描かれている。

     緊張した面持ちでステージに立つ、まだ無名の新人歌手エルヴィス(オースティン)。メイクをしてピンクのスーツを身にまとい、長い髪をオールバックにした当時では馴染みのない姿をしていることから、観客からヤジを飛ばされる。しかし、「Baby Let's play house」を歌い出すと、先ほどまであざ笑っていた観客の表情は一変。腰を小刻みに揺らす独特のセクシーなダンス、そして誰も聴いたことのないロックを熱唱するエルヴィスに、女性客は大興奮する。叫び声が次々と上がり、会場はやがて熱狂の嵐に。そのパフォーマンスを見たトム・パーカー(トム)は、“運命の出会い”だと確信する…。

     同シーンでエルヴィスが披露した、カントリーとブラックミュージックを融合させた“ロック”の原点でもある楽曲は、アメリカの若者たちを中心に熱狂的な支持を獲得。このライブを機に、マネージャーとなるトム・パーカーの手腕によってエルヴィスは世界へと飛躍していく。

     一足早く本作を鑑賞したエルヴィスの元妻プリシラ・プレスリーは、自身のフェイスブックで「バズ(・ラーマン監督)ならではのユニークで芸術的な手法で、見事に、そして創造的に語られた実話です。オースティン・バトラーはエルヴィスそのもの。素晴らしかった…彼は重責を担っていることを自覚していて、この役を演じるにあたり、非常に神経質になっていたようです。(彼の心労は)想像に難くありません」と感想をコメント。

     バズ・ラーマン監督によると、プリシラに認められたオースティンは、背負っていた重責からなのかその場で泣き崩れてしまったという。5月3日(日本時間)にニューヨークで開催されたファッションの祭典「メットガラ」では、オースティンやバズ監督、プリシラほか『エルヴィス』チームが参加し、プラダがデザインしたクールで華やかなブラックコーディネートを披露し大きな注目を浴びた。本年度のカンヌ国際映画祭にてワールドプレミア上映される際には、どんな反応が待ち受けているのか注目が集まる。

     映画『エルヴィス』は7月1日より全国公開。

    その瞬間、ロックが生まれた! 映画『エルヴィス』熱狂のライブシーン解禁 (msn.com)


    テレビ界が〝戦々恐々〟悪質スタッフいまだ多く・・・ある局のイメージガール、最終選考がほぼ肉弾審査だった

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2022/04/08(金) 10:31:19.65

    榊英雄監督(51)と俳優の木下ほうか(58)、園子温監督(60)と相次ぐ性加害疑惑は芸能界に波紋を広げている。だが、これらの騒動も氷山の一角にすぎないのだ。

    園監督は5日夜、個人事務所のホームページに直筆のコメントを掲載し、騒動について謝罪した。
    しかし「週刊女性」に報じられた内容については、事実と異なる点が多いとして、代理人を通じてしかるべく措置を取っていくとしている。

    もっともこうした行為は映画業界だけに限った問題ではないのだ。映画業界以上にひどいのがテレビ業界だという。

    「映画界も最近は関わる組織や人間の多い〝製作委員会方式〟の作品が増えており、昔ほど監督や一部の出演者に権限が集中することはないため、
    昔に比べると被害自体は減っているともいえます。その点ではテレビ業界のほうがいまだに悪質なスタッフの多い印象です」と大手芸能事務所のマネジャーは話す。

    先月30日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)で坂上忍(54)が
    「この問題って映画業界だけでないのはもちろん、テレビも入ってます。舞台も入ってます」と語ったが、その発言に同意する業界人も少なくない。

    実際、あるグラビアタレントはこう語る。

    「業界関係者との食事会だと、同席するテレビ局員や番組プロデューサーの大半は、仕事と引き換えに肉体関係をにおわせてきますよ。
    ストレートな人もいれば、親しいお笑い芸人を呼んだ飲み会を別にセッティングする人も。

    芸人に場を盛り上げさせて、自分と肉体関係を持つことのメリットをアピールさせるんです。
    芸人たちがやたらとお酒を飲ませようとしたかと思うといつの間にかいなくなって、2人きりにして〝そういう流れ〟にもっていこうとするんです」

    さらにはこんな話も。

    「そもそも、ある局のイメージガールプロジェクトは、最終選考がほぼ〝肉弾審査〟だったことが業界内では有名でした。
    プロジェクトの担当スタッフはやりたい放題で、中には面接をきっかけにグラドルと結婚したスタッフもいました」

    このプロジェクトに関しては、その〝闇〟が当時から業界では知られていたため、
    参加タレントや所属事務所サイドもある程度覚悟して臨んでいたフシがあり、大事にはならなかったというが…。だからといって許されることではない。

    「さすがに最近はそこまであからさまなケースは聞きませんが、いまだにテレビ業界にこうした悪習があるのは間違いないでしょう」(同マネジャー)

    映画業界だけでなく、テレビ業界にも変革が求められている。
    https://www.zakzak.co.jp/article/20220408-RPXQ23KMDNIBDJC4B4NTOVVFBE/


    【【芸能界・性加害騒動】テレビ界が〝戦々恐々〟悪質スタッフいまだ多く・・・ある局のイメージガール、最終選考がほぼ肉弾審査だった】の続きを読む

    このページのトップヘ