おニュー!芸能トピックス

最新の芸能界やスポーツ情報を取り上げていきます。

    カテゴリ:話題 > 医師

    西川史子、小学生の時から大ファン 松田聖子のディナーショーに ...


    西川史子、小学生の時から大ファン 松田聖子のディナーショーに感動「第一声から、泣き通し」 

      西川史子が10日、インスタグラムを更新。小学生の時から大ファンという松田聖子のディナーショーに行ったことを報告し、「第一声から、感動して泣き通しでした」とつづった。
     9日に東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた松田聖子のディナーショーに参加した西川。「やっぱり、聖子ちゃんは神でした!」という言葉から始まる投稿では、「小学生の時から大ファンで、『松田聖子さんに会えたら、私は芸能界やめてもいい!』と言っていて、10年くらい前にたまたまテレビ局の楽屋が隣りになって、ご挨拶に伺いたかったのですが、まだテレビやめたくないと、マネージャーに相談して、もう少ししてからお会いしましょうと、諦めた思い出があります」と告白。  
     続けて「そんな憧れの聖子さんのディナーショーに行ってきたんです」と報告し、「『皆さんこんばんは、松田聖子です。』の第一声から、感動して泣き通しでした。何があっても、前を向いて立ち上がる姿勢、生き方は、全て素晴らしく、今の私に沢山の勇気を頂きました。

     何より、ずっと聖子ちゃんのままで、フリフリのドレスが可愛すぎて、歌を聴いていた昔に戻って、幸せな夜になりました。ステージのはじからはじまで歌って踊る ずっと大好きだった人が目の前にいるなんて。まだ夢をみているみたいです」と感激の思いをつづった。投稿では現地で撮られた写真も披露している。  
     松田聖子は、昨年12月18日に娘の神田沙也加さんを亡くして以来、芸能活動を休止していたが、9日のディナーショーが活動再開のステージとなった。
    引用:「西川史子」インスタグラム(@dr.ayako_nishikawa)


    西川史子、小学生の時から大ファン 松田聖子のディナーショーに感動「第一声から、泣き通し」(クランクイン!) - Yahoo!ニュース


    西川 史子(にしかわ あやこ、1971年4月5日 - )は、日本の医師、タレント。学位は医学士(聖マリアンナ医科大学医学部・1996年)。現存する日本のミス・コンテストで最も古い歴史を持つ「ミス日本」の第28回(1996年度)『フォトジェニック賞』受賞。神奈川県相模原市南区出身。ホリプロ所属。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    脳内出血した西川史子の壮絶闘病生活をマネジャーが暴露「叙々苑で焼き肉、まつエクに…」

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/19(日) 14:13:56.20 ID:CAP_USER9.net

    東スポWeb

    脳内出血した西川史子の壮絶〝闘病生活〟をマネジャーが暴露「叙々苑で焼き肉、まつエクに…」

    西川史子(東スポWeb)
     TBS系「サンデージャポン」(日曜午前9時54分)が19日に放送され、元レギュラーだった女医タレント・西川史子(50)の手術後の近況が明らかになった。

     西川は8月17日に右脳内出血のため救急搬送され、手術を受けた。今月16日に自身のインスタグラムで退院したことを報告し、現在の容体については「左半身の麻痺はまだ完全によくなってはいません」「この4か月間は辛くて苦しいものでした」などと苦しい闘病生活を明かしていた。

     2007年から13年間、同番組のレギュラーを務めていた。歯に衣着せぬ発言で強気な女性のイメージが強かったが、闘病中は「これ以上、私をいじめないでください」と神様にお願いする西川の様子も伝えた。

     番組では退院後を取材すると、西川のマネジャーが「西川は退院後、叙々苑で親や友達と焼き肉を食べ、美容皮膚科でエルメス注射を打ち、まつエクをし、ネイルサロンや美容室に行くなどとても元気です」と回答した。

     インスタグラムの神妙な姿との違いに、MCの爆笑問題・太田光は「これを我々はどう捉えればいいのか…」と苦笑い。田中裕二は「とりあえず心配しましたけど、退院できてよかったですよ。まあ、西川さんは大丈夫ですよ」とエールを送った。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3fc802c1d0d01295e03764f682b3849cd942c359


    【【芸能】脳内出血した西川史子の壮絶闘病生活をマネジャーが暴露「叙々苑で焼き肉、まつエクに…」】の続きを読む


    西川 史子(にしかわ あやこ、1971年4月5日 - )は、日本の医師、タレント。学位は医学士(聖マリアンナ医科大学医学部・1996年)。現存する日本のミス・コンテストで最も古い歴史を持つ「ミス日本」の第28回(1996年度)『フォトジェニック賞』受賞。神奈川県相模原市南区出身。ホリプロ所属。

    西川史子「最も嫌いなぶりっ子アナだったのに...」 田中みな実のお見舞いに感激、今では「全くブレない頼もしい妹分」

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/26(金) 15:11:27.05

    11/26(金) 13:06配信
    J-CASTニュース

    西川史子さんのインスタグラムより

     医師でタレントの西川史子さんが2021年11月25日、フリーアナウンサーの田中みな実さんがお見舞いに来てくれたことを報告し、感謝を伝えた。

     西川さんは8月に右脳内出血のため救急搬送されていた。

    ■「全くブレない頼もしい妹分」

     西川さんはインスタグラムに、「病院に、田中みな実ちゃんが来てくれました」と書き込み、花束と紙袋を手にした田中さんの写真を公開した。

     この日の朝、西川さんは田中さんプロデュースのガードルを購入しようと思い、「おススメ教えて!」と連絡したところ、「今日病院に持っていきます!」と返信が届いたと明かした。

     西川さんは、「目立つから、心配だからとか、そんなこと全部すっ飛ばして、大丈夫です。言ったら必ず実行する。田中みな実はそんな人です」と行動力に触れ、「迷いや躊躇もなく、軽々と予想を超えてきます」とたたえた。

     ワイドショー番組『サンデージャポン』(TBS系)での共演で仲を深めていったという2人。しかし、西川さんは当初田中さんについて、「アナウンサーになりたての頃は私の最も嫌いなぶりっ子アナだった」と感じていたと打ち明ける。しかし、「サンジャポで仲良くなって、家にもよく来てくれて、私に、鍛えたお尻を無理矢理触らせたり...」と現在ではプライベートでの交流もあるといい、「全くブレない頼もしい妹分です」と明かしていた。


    (出典 www.j-cast.com)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d15c060a4298f4922a1c0164efb1d04685c14fb

    <田中みな実さんのお見舞い写真>

    (出典 www.j-cast.com)


    【【芸能】西川史子「最も嫌いなぶりっ子アナだったのに...」 田中みな実のお見舞いに感激、今では「全くブレない頼もしい妹分」】の続きを読む


    西川 史子(にしかわ あやこ、1971年4月5日 - )は、日本の医師、タレント。学位は医学士(聖マリアンナ医科大学医学部・1996年)。現存する日本のミス・コンテストで最も古い歴史を持つ「ミス日本」の第28回(1996年度)『フォトジェニック賞』受賞。神奈川県相模原市南区出身。ホリプロ所属。

    西川史子、脳内出血とワクチンの関係性を否定 手術、入院で「生き方を見直すきっかけに」

    1 ひかり ★ :2021/10/06(水) 21:11:31.03

     右脳内出血で療養中の医師でタレントの西川史子が6日、自身のインスタグラムを更新。
    新型コロナウイルスのワクチンの影響ではないかと心配するコメントが届けられていることを明かし、「ご安心ください」とワクチンとの関係性を否定した。

     西川のコメント全文は以下の通り。 

     私の脳出血の原因がワクチンの影響ではないかというコメントを頂いております。 
    ご不安を抱かせてしまったら、ごめんなさい。

     私が接種したmRNAワクチンに関しては、脳出血の頻度を増加させないことが多くの 研究で分かっていますので、接種された方はご安心ください。

     脳出血の大きな原因は高血圧やそれに伴う血圧変動です。 
    50代の女性は、ゆらぎが起こり易い年齢で、脳出血が増えてくる年代でもあります。

     日頃から定期検診を受けて自分の血圧変動にご注意ください。

     入院は生き方を見直すきっかけになりました。

     さすがに生死にかかわる病気になると色々なことを考えます。 
     
     病気は残酷です。 
    生きてる意味まで疑問になりました。

     でも、仕事もプライベートも余裕もって、もっと楽しもうと思っています。 
    そして、家族や身近な人を大切にすること。

     余命が分かっていれば、ありがとうもさよならも言えますが、多くの死は突然やってきます。 
    だから、どんなに感謝しているか伝えておかないと後悔することになります。

     入院してから、お手本のような医療従事者の方ばかりに出会って、心細い私には何よりの支えでした。

     この経験で得たことを、患者さんに還元し、より多くの人の病気に対する理解につなげることが私の使命なのだと強く思っています。 (原文ママ)

     西川は8月17日、リビングに倒れている姿をマネジャーに発見され、都内病院に緊急搬送。右脳内出血と診断され、5時間に及ぶ緊急手術を受け、入院療養。9月26日にリハビリ専門の病院に転院したことを報告した。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e526d1c486895e72c50c9074070a48af93080ce7


    【【芸能】西川史子、脳内出血とワクチンの関係性を否定 手術、入院で「生き方を見直すきっかけに」】の続きを読む


    高須 克弥(たかす かつや、1945年〈昭和20年〉1月22日 - )は、日本の医師(美容外科・整形外科・形成外科)。学位は医学博士(昭和大学大学院・1973年)。高須クリニック・院長。 正式な名前の表記は高須克彌。医療法人社団福祉会・理事長、昭和大学医学部・客員教授、浄土真宗(真宗大谷派)僧侶。僧


    (出典 img.sirabee.com)


    全身がんで入院中の高須克弥院長「整形して復活したる 死んでたまるか」…激励の声続々

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/13(日) 13:46:01.03

    6/13(日) 13:42
    スポーツ報知

    全身がんで入院中の高須克弥院長「整形して復活したる 死んでたまるか」…激励の声続々

    高須克弥院長
     全身がんであることを公表している高須クリニックの高須克弥院長が13日、自身のツイッターを更新。入院中の病床から「死んでたまるか」と決意をつづった。

     高須院長は入院後、連日朝の投稿を続けている。この日も「ただいま。おはようございます」とあいさつし、「沢山の励ましとパワーありがとうございます」と多くの激励の声に感謝の気持ちを記した。

     「夢の世界では元気溌剌なのに現実の世界では。からだが重いです。よぼよぼ。中身はちっとも変わっていないのに見かけがどんどん老人になって行くかっちゃん」と写真を添えて現状を説明した。

     最後は「癌を抑えこんでまた整形して復活したる 死んでたまるか」と結んだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/62439ceb3f39f8baff6b8703879edd637e533699


    【【話題】全身がんで入院中の高須院長「整形して復活したる、死んでたまるか」 激励の声続々と 】の続きを読む

    このページのトップヘ