Mr.マリック(ミスターマリック、英語表記:Mr. Maric 。1949年〈昭和24年〉1月1日〈※ただし戸籍上に限り、実際の日付は1948年12月29日〉- )は、日本のマジシャン。本名・出生名は 松尾 昭(まつお あきら)。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

Mr.マリック、超魔術ブームの裏側を激白「ハンドパワーのストレスで顔面麻痺に」

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/19(日) 11:32:11.00 ID:CAP_USER9.net

週刊女性PRIME

Mr.マリック

 かつて注目を集めた有名人に「ブレイク中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー。当事者だから見えた景色、聞こえてきた声、当時は言えなかった本音とは?  第33回は'80年代後半に「キテます! 」の決めゼリフで超魔術ブームを巻き起こしたMr.マリック。“ハンドパワー”でも治せなかった病と悩みとは――。

 バブル経済で日本中がイケイケだった'80年代後半に突如現れ、“超魔術”ブームを巻き起こしたMr.マリック。本格的にマジックを始めたキッカケは運命的な2つの出会いだった。

「中学2年生のときに東海地区のテレビにも出ていた天才マジック少年が、僕のクラスに転校してきたんです。河原の小石を投げて、空中で消してしまうような大人顔負けの技術を持っていた子だったのですが、たまたま隣の席になって。それで休み時間になると、マジックを教えてもらうように」

 クラスメイトが簡単なマジックにも苦戦する中、なぜかマリックだけはすぐに次々と技を習得していった。

「もともと素質があったんですかね。その男の子も僕を気に入ってくれて、アシスタントのようにマジックのイベントなどに連れていってくれるようになりました」

 別々の高校に進学したことでマジック少年とは疎遠になり始めたころ、近所の歯科医院にマジック業界でも有名な歯科医がインターンで赴任してきたという。

「沢浩さんという有名なアマチュアマジシャンの方が、僕がよく見に行っていたマジックサークルにいたんです。話をしたところ、今度インターンで行く歯科医院が実家の近所ということがわかって、そこから毎日のように通って教わるようになりました」

 沢は歯科医だけあり、専門的な機械で作った道具を使う創作マジックで知られていた。そんな彼から、ノウハウを学ぶことに。

「マジックの基礎を中学で学び、高校でオリジナリティの大切さを学びました。地元での偶然的な出会いが大きな財産になりましたね」

 しかしプロになれるとは思っていなかったこともあり、高校卒業後は瞬間湯沸かし器で知られるメーカーに就職。

「新入社員は現場に出て、無言で黙々と作業をさせられるんです。そんな生活の息抜きだったのが、名古屋のデパートで行われていたマジック道具の実演販売を見ること。毎週のように通っていたら、ディーラーさんと仲よくなって。ある日、“販売員に空きが出るから、興味があるならやってみない?”と声をかけられて。退屈な日々を過ごしていたこともあり、二つ返事で転職しました」

 実演販売を始めると、再びマジック熱が高まりプロの世界に興味を持ち始める。


https://news.yahoo.co.jp/articles/b910a879a7fd93e5911b0df6fea9549f92dc3c93


【【芸能】Mr.マリック、超魔術ブームの裏側を激白「ハンドパワーのストレスで顔面麻痺に」】の続きを読む